上京について

東京に住むメリット5つを端的に紹介!向いている人とそうでない人を解説

はじめに 東京に住むにはいくつかメリットがあります。 今回はその中からメリット5つを厳選して紹介します。 「東京に住みたいけれど、明確な理由がない。」という場合には非常に参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください。   東京には合う人と合わない人がいる まず最初にお伝えすると東京はすべての人に合う街ではないと考えております。 東京は首都ですので、 満員電車に沢山の人がいる 会社が多い分ブラックな企業も多い 夏は暑く、冬は寒い などのデメリットがあります。 しかし、それを上回るメリットがあることも事実です。それでは次の章で一つずつ紹介していきます。   東京に住むメリット5つを紹介 それでは今から東京に住む5つのメリットを紹介していきますので、しっかりと参考にしてください。   東京に住むメリット1.最先端の情報に出会える 東京に住むメリット1つ目は最先端の情報を得られるということです。 言うまでもなく、東京は日本の首都で様々な商品や飲食店が最初にリリースされます。 テレビ越しに見るのではなく、実際に見たりすることができるのはメリットと言えるかもしれませんね。   東京に住むメリット2.有名なお店がたくさんある 地方にはないお店なども東京にもありますので、有名なお店が東京に多いのはメリットと言えるでしょう。 東京はその分、人が多いので人気店は長蛇の列になることもよくあります。 しかし、並んででも行きたい場所が東京に多いということはメリットといえるでしょう。   東京に住むメリット3.新たな人と出会える 東京に住む3つ目のメリットは新たな人と会えることです。 東京には全国から集まっている沢山の人がいます。 様々な仕事の業種の人がおりますので、そういった方々と会えることは非常に価値あることだと思います。 また日本人だけでなく、外国人もおられます。 (現在はコロナの影響で少ないですが、、) 人との出会いを求める方にとっては最高の環境といえるでしょう。   東京に住むメリット4.電車でどこでも行ける 地方であればどこに行くのにも車が必要。ということもあるかもしれませんが、 東京であれば車が基本どこにでも通っているので、困ることはありません。 また都内から横浜に行く場合でも30分程度しかかかりません。 出典:ナビタイム 千葉や神奈川県にも数十分で数百円でいけることは東京に住む大きなメリットと言えるでしょう。 東京に住むメリット5.年収が高い 東京には会社が集まっていますので、年収の高い会社も多くあります。 例えばアルバイトだけでみても、 平成27年8月に公表した平成26年の年間集計結果 によると、関東エリアで最も時給が高かったのは、東京都の1,033円で、次に神奈川県の1,025円、埼玉県の950円と続きました。 最下位の群馬県の863円と東京都下を比べると、170円の差がありました。一方、関西エリアで最も時給が高かったのは、大阪府の970円で、次に兵庫県の918円、京都府の913円、と続きました。 出典:アイデム というデータがあるように仕事の内容が違うのはもちろん、時給の高い(収入の良い)仕事が東京には溢れています。 年収が高い仕事に就きたいのであれば、東京に上京されることをオススメします。   東京で転職したいなら? 東京で転職するならまず仕事(職)を見つけることからスタートしましょう。 「地方から東京に転職する際の注意点3つ|これだけは知っておいてください!」の記事でもお伝えしていますが、地方から東京に上京するには多くの時間と費用が必要となります。 より効率良く仕事を東京でするのにオススメのサービスを今回は紹介します。 20代ならキミノミライがおすすめ メリットがたくさんと言っても、地方から転職にくるのにはやっぱり心配もありますよね? そんな場合はキミノミライに転職活動に関するサポートをおまかせください。 株式会社キミノミライは地方から転職に来る方と、求人をしている企業をつなぐ会社です。 株式会社キミノミライはあなたに合った都内の優良企業を紹介しています。 転職活動をするにあたって必要となる色々なことを手助けしているので、東京での転職に不安を抱えているという方はぜひご検討ください。 地方から東京に転職する際のサポートが手厚い 具体的にキミノミライがどんな活動をしているかというと、東京で働きたいという方に向けてのセミナーを開催して企業の人事担当者と直接話が出来る機会をつくったり、コーディネーターと個別で面談をして転職の悩みを解決しています。 さらに仕事だけでなく、住まい探しに関しても最新の情報を教えてもらえるので、まさに東京へ地方から転職に来たいという方にはもってこいのサービスです。 少しでも興味がある場合はコチラよりお問い合わせください。 20代で人生に挑戦したいなら東京はオススメ 記事の前半でもお伝えしましたが、東京には人が多いです。 しかし、それ以上に魅力的な街なのが東京です。 最先端の情報に出会える 有名なお店がたくさんある 新たな人と出会える 電車でどこでも行ける 年収が高い などのメリットがあります。 もし東京に少しでも行きたいと考えている場合は20代のうちに挑戦しておきましょう!

地方から東京に転職する際の注意点3つ|これだけは知っておいてください!

地方から東京に転職する人は多い 東京で働くことに憧れる人は多くいます。 東京は日本の中心都市として魅力の多い街です。いまは地方で働いているけれど、都会でバリバリ働くことにあこがれ、東京での就職を視野に入れている人も多くいます。 東京で働くことにはメリットもたくさんありますが、転職するときはいくつか注意が必要となります。 そこで今回は 地方から東京に転職する時の注意点 地方から東京に転職する時費用はどのくらいかかるのか 上京するメリット について紹介していきます。 参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください。 地方から東京に転職する際の注意点1.お金がかかる まず当たり前のことともいえますが、東京へ地方から転職にくるときにはお金がかかります。 転職が決まってからだけでなく、面接をしに来たり求人募集を探したりするたびに上京する必要があります。 その度に交通費はもちろん、宿泊費等がかかってきます。 また地方から転職に来ることが決まったとしても、引越し費用はもちろん、家具家電を購入する費用や敷金礼金などもかかってくる可能性があるので、貯金をしておくことをおすすめします。 地方から東京に転職する際の費用は100万円!? 弊社の「上京の費用(資金)を20万円節約する3つの方法【2020年最新版】」の記事でもお伝えしていますが、 実際、アパートやマンション等の賃貸物件を借りる場合には、大体家賃の6倍程度の初期費用は見ておいたほうが良いでしょう。 敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料・敷金と礼金は、家賃の1か月分か2か月分になります。仲介手数料は不動産会社によって異なります。 この初期費用や引っ越し費用、また必要になる家具などのことをkangaeruto70万円~100万円はかかってしまいます。 そのお金を貯めておくことが上京する前の準備となります。 地方から東京に転職する際の注意点2.仕事探しに苦労する 東京と言えば求人がたくさんあって、働き口も多いとイメージされる方も多いかもしれません。 確かに地方から転職にくれば、東京の仕事は多いだけでなく魅力的に感じられると思いますが、実は地方に比べてブラック企業が多いというのも現状です。 優良企業にはもちろん多くの人があつまるので、自分の強みやスキルをしっかりとアピールできるよう、準備をしておくことも大切です。 地方から東京に転職することに特化したサービスもあとで紹介しますので、ぜひ知っておいてください。 地方から東京に転職する際の注意点3.家探しに苦労する 仕事を探すのももちろん大切ですが、地方から転職に来るときには家探しにも苦労します。 東京にはたくさんの物件があり、条件や家賃などもたくさんあるので、自分がどんな条件で済みたいのかということをしっかりと決めておくのが大切です。 職場からの通いやすさももちろん大切となるので、仕事が決まっている場合は不動産さんに相談してみるとよりいい立地を紹介してくれるのでおすすめです。 また、次の章で無料で都内の良い物件を紹介してくれるサービスを教えますので、ぜひそちらも見ておいてくださいね。 地方から東京に転職するメリットはたくさん 注意点はいくつかありますが、東京へ地方から転職にくることにはもちろんメリットがたくさんあります。 地方で働くことを比較しますと、仕事もたくさんあるので自分が選ぶことの出来る選択肢が多いということが大きなメリットの一つと言えます。 地方と東京では月収10万円ほどの差 地方から転職にくるのに一番大きなメリットと言えるのが、月収の差です。 一人暮らしを始めるとなるともちろん費用がかかってきますが、その分東京は地方と比べて月収10万円程度の差があることが多いです。 厚生労働省が発表した平成29年賃金構造基本統計調査によりますと 東京都の平均賃金が377万円 山形県の平均賃金は246万円 でした。 年間で約120万円。月間にすると約10万円の差が生まれていることが分かると思います。 給料がいいというだけでなく、福利厚生が充実していて環境がいいところもおおいので、同じ職種で働くとしてもより快適な環境で仕事ができることが多いのも、大きなメリットの一つです。 地方から東京に出て転職する費用は100万円弱かかりますが、良い職につくことができれば1年間でその100万円分を埋めることが出来ます。 地方から東京に転職する際はキミノミライがオススメ メリットがたくさんと言っても、地方から転職にくるのにはやっぱり心配もありますよね? そんな場合はキミノミライに転職活動に関するサポートをおまかせください。 株式会社キミノミライは地方から転職に来る方と、求人をしている企業をつなぐ会社です。 株式会社キミノミライはあなたに合った都内の優良企業を紹介しています。 転職活動をするにあたって必要となる色々なことを手助けしているので、東京での転職に不安を抱えているという方はぜひご検討ください。 地方から東京に転職する際のサポートが手厚い 具体的にキミノミライがどんな活動をしているかというと、東京で働きたいという方に向けてのセミナーを開催して企業の人事担当者と直接話が出来る機会をつくったり、コーディネーターと個別で面談をして転職の悩みを解決しています。 さらに仕事だけでなく、住まい探しに関しても最新の情報を教えてもらえるので、まさに東京へ地方から転職に来たいという方にはもってこいのサービスです。 少しでも興味がある場合はコチラよりお問い合わせください。 地方から東京に転職する際の注意点3つまとめ 東京へ地方から転職したいと思っても、色々不安もあると思います。でも東京にはたくさんの仕事がありますし、自分のしたい仕事が見つかる可能性も高いです。 一度しかない人生なので、一度は東京でかっこよく働いてみたいという夢がある方は、自分でも注意点を確認しておくことも大切です。 地方から東京の会社に転職する場合はキミノミライのサービスを受けて不安をできるだけ解消しながら、転職活動をすすめていくことをオススメします。 また、地方から出てくると東京は冷たい。というイメージがある場合は「東京が冷たいと言われるのはなぜ?その理由と上手く生活するポイント3つを解説【2020年最新版】」の記事もぜひお読みください!

東京が冷たいと言われるのはなぜ?その理由と上手く生活するポイント3つを解説【2020年最新版】

東京人が冷たいと言われる理由 東京の人は冷たいと言われてることが多いです。 しかし人情味に欠ける人が多いわけではありません。まずふだん方言を使って生活している人にとって標準語は、改まった場で使うものであり、人との距離をあける働きをします。 東京人が普通に話しているつもりでも、相手が心理的な距離を感じてしまうケースが多く見られます。 また東京では公共の場で、知らない人に挨拶をしたり話しかけたりしないのが一般的なマナーになっています。 これを知らない人が話しかけて、反応が帰ってこずに、冷たい人だと解釈することがあります。 東京が冷たく感じる瞬間 東京人が冷たいと思う瞬間の代表格は、困っていても誰も助けてくれないときです。 例えば 道を聞いても無視されるすぐ舌打ちをする基本は見て見ぬフリ ということは日常茶飯事です。 荷物で両手がふさがったまま転んでしまってもみんな見て見ぬ振りをするケースや、道を訊くために話しかけても誰も立ち止まってくれないケースは多くの人が経験があるでしょう。 他には同じマンションの人に挨拶をしても無反応だったり、少し歩くのが遅いだけで後ろの人に舌打ちをされたりするのもよく聞くエピソードです。 さらに会話の内容はしっかりしているのに相手が無表情で冷たいと感じた、という声もあります。 人口が多いがゆえに誰かが助けてくれるだろう。と思い、結果誰も助けないと言ったことが起こっているのでしょう。 東京が冷たいと感じている人の声 実際にSNSでは東京が冷たいと感じているリアルな声があります。 とても共感できる内容だと思います。 東京=仕事 という前提で東京に来ている人が多いので、田舎と比べて冷たいのはある程度仕方ないのかもしれません。 冷たい東京で上手く生活するポイント3つ 地方出身者が移ってくると、最初は冷たく感じることも多い東京ですが、工夫次第で快適に生活することも可能です。 標準語が冷たいと感じる人は自分も標準語を話すようにすると、徐々に慣れて冷たく感じなくなります。また近所付き合いの習慣などは東京都内でも地域によって違いがあります。 ですから近所付き合いが密な地域を選んで住めば、心のこもったコミュニケーションがとれるようになるでしょう。 さらに習い事の教室やサークルなど、参加者が会話するのが当然、という環境に身を置けば血の通った会話がしやすくなります。 冷たい東京で上手く生活するポイント1.東京のなかでも下町に住んでみる 東京で密なコミュニケーションをとりたいならば、下町に住むのがおすすめです。 下町は人が協力して生活する文化が根付いていますし、明るい人が多いです。 賑わいのある商店街の近くに住めば、毎日の買い物や食事をするときに会話を楽しむこともできます。惣菜店でおかずを買っていればお店の人はあなたの好みを覚えてくれますし、おまけをつけてくれることもあります。 会話を始めるきっかけは豊富にありますし、話しやすい雰囲気もあるから安心です。 東京は冷たい、というイメージを払拭するのに最適な場所です。 また、そもそも上京する際にお金がかかったりするのが多いのも東京です。 より効率的に東京へ上京したいと考えている場合は「地方から東京に転職する際の注意点3つ|これだけは知っておいてください!」も合わせてお読みください。 冷たい東京で上手く生活するポイント2.東京には地方出身者も多いことを理解する 東京の人とひとくくりにいっても色々な人がいます。 子供の頃から東京に住んでいる人もいれば、進学や就職のタイミングで東京に出てきた人もいるでしょう。 ですから一見すると冷たい人に見える感じる東京人の中にも、地方出身者が多くいます。その人たちも、かつては出身地とは違う文化の東京に戸惑い、そして馴染もうとした人たちです。 必要以上に他人と関わらないのをよしとする東京のマナーにしたがっているだけで、あなたの気持ちを理解する下地のある人たちといえます。 きっかけ次第で打ち解けられる可能性があるでしょう。 冷たい東京で上手く生活するポイント3.人間関係は広く築くことが大切 東京には人が多いので、深い人間関係を築かなくてもいいのかなと思います。言い換えれば、深入りしないということですね。 人口の多い東京ですから、行く先が増えれば出会う人も増えます。特に東京にはさまざまな職業、考え方の違う人がいます。 いろいろな価値観に出会えることが東京の魅力でもあるので、東京は冷たいなと思うのではなく、たくさんの人と出会うことを心掛けましょう。 新しく上京を考えている場合にオススメのサービス 日本に数多くある都市の中で、東京は移住のハードルが高いところだと考えられています。 これから新たなに上京を考えていて、失敗をしたくない場合は移住前に上京転職支援サービスを利用して、準備をするのがおすすめです。 新しい環境に不安を感じている人はサービスを利用することで克服することが出来ます。 上京支援サービスはキミノミライがオススメ 数ある上京支援サポート企業のなかでも、おすすめなのは株式会社キミノミライが展開する”東京みらいクルー”です。 東京に上京を考えている方を対象にサポートをします。 株式会社キミノミライが提供する”東京みらいクルー”は、東京での就職意欲が高い地方の若者に上京して就職の機会を与えることをコンセプトに誕生しました。 興味がある場合はコチラよりお問い合わせください。 住まいだけでなく転職もサポートしてくれます キミノミライでは住まいだけでなく、住まいと転職のどちらもサポートします。 東京といっても特徴の違う街が数多くありますが、あなたの希望に沿った物件を紹介させてもらいます。 求人紹介の内容もあなたにあったものを紹介しますし、 転職者向けの求人も多いので、転職のタイミングで上京したい人のぴったりです。 東京が冷たいと言われる理由 まとめ いかがでしたか? 東京が冷たいと言われる主な理由は、標準語の使用とマナーが原因しているといえるでしょう。 都心でなくても、東京の中でも下町に住むことが可能です。 住まいや仕事について不安がある場合はぜひコチラよりお問い合わせ頂き、上京をサポートしてくれるサービスを利用してみてくださいね! また、田舎には仕事がないので、東京に上京することを考えている場合は下記の記事も合わせて読んで見てください。 https://blog.kimino.co.jp/single-life/suburb/

上京の費用(資金)を20万円節約する3つの方法【2020年最新版】

上京の費用(資金)は約50万円 上京する際には、まとまった費用(資金)が必要になります。 新しい家を借りる必要もありますし、家具や家電、日用品などを新しく揃えなければいけないことも多いです。 家を借りるためには家賃だけではなく、敷金・礼金・仲介手数料なども用意しなければなりません。 意外と高額になってしまうことも多くあります。また、引っ越し費用なども発生します。引っ越し費用は時期によっても変動しますが、引っ越しが多い4月だと割高になります。 そういった上京に必要な費用を合わせると、最低でも約50万円ほどはかかるでしょう。 余裕を持つのであれば、100万円弱用意しておいても良いかもしれません。 上京した際に契約にかかる費用 無料で相談をしてみる 東京都には現在1400万人ほどの人が済んでおり、自宅を探すのにも一苦労します。 実際、アパートやマンション等の賃貸物件を借りる場合には、大体家賃の6倍程度の初期費用は見ておいたほうが良いでしょう。 敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料・敷金と礼金は、家賃の1か月分か2か月分になります。仲介手数料は不動産会社によって異なります。 ※家賃に対する初期費用の目安については下の図のようになります。 家賃 初期費用目安 5万円 約57万円~58万円 6万円 約61万円~62万円 7万円 約66万円~67万円 8万円 約70万円~71万円 9万円 約75万円~76万円 10万円 約79万円~80万円 12万円 約88万円~89万円 15万円 約102万円~103万円 それから月の途中で入居する場合には、家賃は日割りで計算されることが多いです。 通常の賃貸物件では保証人をたてる必要がありますが、保証会社を利用する場合もあります。 その場合には保証会社に支払う費用も生じます。 上京後に必要な生活用品にかかる費用の実際 上京した家に必要なモノを挙げると、まず冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・炊飯器などの家電があります。 (洗濯機を置かずにコインランドリーを利用する人もいます。) 洗濯機が約2万円、冷蔵庫が約3万円、テレビが約2万円だと仮定しても7万円程度が必要になってくることが分かると思います。 炊飯器も土鍋を使ってご飯を炊いたり、全く料理をしないのでいらないという場合もあります。 それからベッドやテーブル等の家具も必要ですが、ソファ代わりにもなるソファベッドを使用する人もいます。 敷金礼金のかからない家に住んで節約 賃貸物件の中には、数が少ないですが敷金礼金のかからない物件もあります。 上京する際に、住む家の敷金や礼金がないと大分初期費用を抑えることができます。 引っ越しする費用は時期によって変わる 上京する際にかかる費用では、引っ越し費用も大きなウェイトを占めています。引っ越し費用は荷物の量と移動距離、引っ越し時期などで決まります。 一人暮らしであれば荷物の量はさほど多くはならないでしょう。引っ越しの多い時期は、進学や就職、転勤などが多い1月から4月にかけてです。 この時期の料金は、閑散期よりも大分高くなります。引っ越し時期を選べるのであれば、繁忙期を避けるようにしましょう。 上京費用(資金)を抑える3つの方法 上京後には、食費や日用品費など毎日の生活費がかかります。 生活に必要な物を買い揃えていると、あっという間に貯金が無くなってしまうこともあります。 このように上京にはけっこうな費用がかかりますが、工夫をして抑えることも可能です。 この3つの方法を実際に実行すれば10万円〜20万円の節約が出来ると思います。 参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください! 上京費用を抑える方法1.敷金礼金のかからない家を探す 賃貸物件の中には、数が少ないですが敷金礼金のかからない物件もあります。 上京する際に、住む家の敷金や礼金がないと大分初期費用を抑えることができます。 敷金・礼金だけでも家賃の2ヶ月分が相場ですので、家賃10万円ですと20万円ほど節約することが出来ます。 最近では敷金礼金がかからない物件も多くなっているので、そういった物件を中心に探すのもおすすめです。 上京費用を抑える方法2.引っ越しの時期をずらす 引っ越しの時期をずらすことも上京費用を抑えるためには必要になってきます。 先ほど引っ越しの多い時期は1月から4月というお話をしましたが、逆に5月から12月のタイミングであれば比較的安く引っ越すことが出来ます。 1月から4月であれば引っ越しの金額は約7万円から10万円程度です。 5月から12月であれば6万円程度になります。下記に簡単なグラフを用意しておきます。 距離 初期費用目安 ~500km 6万円~7万円 500km~ 8万円~9万円 ※目安として、大阪〜東京間が約500kmになります。福岡~東京の場合は1,000kmほどになります。 それから月の途中で入居する場合には、家賃は日割りで計算されることが多いです。 出典:引っ越し侍 上京費用を抑える方法3.生活スタイルを工夫する 上京して生活をしていく訳ですが、上京してからも生活費がかかってきます。 食費約3万円、衣服・日用品購入費用1.5万円、娯楽費2.5万円などが相場とされていますが、生活スタイルを見直すことで節約することは可能です。 そういった支援サービスを活用すると初期費用を節約できます。また、家具や家電を他の人から譲り受けたり、中古で安く揃えるのも費用を節約することにつながります。 生活で必要なモノに関しては『一人暮らしの準備で揃えたい生活用品6ジャンル。知っておきましょう!』の記事でも紹介していますので、合わせてお読みください。 今回は最後に転職エージェントで上京費用を軽減できるサービスを展開している企業があるのでします。 上京費用を節約できるエージェントを活用しよう 株式会社キミノミライは上京支援型の就職・転職支援サービスを展開しており、地方に住んでいて、上京して働きたいと思っている人を支援しています。 仕事を紹介するだけではなく、住まい探しの支援サービスも行っているのが特徴です。 上京する際に一番不安な点として仕事がまだ決まっていない状態で東京に来るのが怖い。という所があると思います。その点を解決します。 キミノミライでは敷金や礼金のない物件を紹介していますので、興味のある場合は下記より気軽に相談してみてください。 無料で相談をしてみる 上京するまでの流れについて 上京する前には就職や住まいを決めておく必要があります。 上京支援型の就職・転職支援サービスを利用すると、職探しと同時に住まい探しも行えます。 試験や面接を経て内定をもらったら、実際に引っ越しの準備を始めます。それまでに上京時にかかる費用は貯めておく必要があります。 具体的な流れとしては ①上京のための費用を貯める ②仕事とお部屋を探す ③引っ越す日程を決める ④引っ越し準備 ⑤新居に住み始める ⑥家具など必要なものを揃える ⑦転入手続きを行う ⑧東京での仕事を始める といった流れになります。 キミノミライを利用するメリットとしては、上京費用が節約できるだけでなく、②の仕事を探す部分に関してサポートしていることが非常に魅力的です。 上京の費用(資金)を節約しよう […]

田舎にも仕事はある!年収400万円超えの給料を得る方法【2020年最新版】

田舎には仕事がないわけではない 都会はどんどん人口が増え、地方は過疎化が増すばかりになっています。 実際総務省のデータによると、市町村では約50%が過疎化してしまっています。 この状況で田舎には本当に仕事ないのでしょうか? その答えはNO(ノー)です。 田舎だからといって仕事ないことはなく、人材が足りなくて困っている職業はたくさんあるのです。 ただ、若者が望むような就職先が少ないということは言えます。 今回この記事ではそんな田舎で仕事を見つけ方。給料の上げ方について紹介していきます。 参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください 田舎では仕事をハローワークで探します 田舎でそのまま就職をしたい人や、田舎暮らしをしたい人が就職を探す場合はインターネットの人材派遣サイトや求人サイトよりもハローワークで探すことが多いです。 地方には高齢者が多く残って仕事を続けていることが多いので、人材を探す時はインターネットを使って登録をするよりも地元の自治体にあるハローワークに相談をして求人を募集します。 田舎の仕事(求人)は1月から3月にかけて増えます 田舎の求人は1月から3月に増える傾向があります。 その理由としては、年度末をもって退職をする人が多いからです。 採用には応募してから選考、採用決定まで1か月から2か月かかり、一斉に4月1日から採用をするには1月ごろから求人を始める必要があるからです。 また退職をする側としては、12月の冬のボーナスをもらってから退職をしようということもあり、1月以降人材不足になることも少なくないので、1月から3月にかけてが求人のピークになるのです。 田舎の仕事は建設・医療・農業が多い 田舎は、都会よりも高齢化が進んでいます。 全体人口の高齢者の割合が高いのです。 また過去には大家族で暮らしていた家庭も、若者が都会に出て行ってしまったり核家族化が進むにつれ高齢者だけの世帯も増えています。 そのため高齢者福祉施設や医療施設が多く、利用者や患者が増えていく中、逆に福祉施設や医療施設に携わるスタッフの人材不足に悩まされているので求人数が多くなっています。 また空いている土地や山などが安く手に入るので、工場などを誘致したり様々な施設を造ったりするために建設業の求人も多く見られます。 その中には、IT企業や技術職の業種など若者が好む企業を誘致することもあります。 そしてもともとある農業や漁業などの一次産業やそれらに関わる仕事にも人材不足のため求人が多くなっているので、田舎は仕事ないということではありません。 田舎の仕事の給料は20万円程度(20代) ただ地方の給与は都会の給与平均よりも低く月収20万円程度で、初任給はもっと低くなります。(20代の場合) 平成29年度厚生労働省の資料によりますと 秋田県240万円 山形件246万円 富山県267万円 福井県272万円 岡山県269万円 といった数字が平均賃金として出ており、算出された全国の平均年収は262万円です。 しかし、手取りにすると年収の80%だとして約185万円です。これを月換算すると、約15万4,000円になります。 こちらは全国平均の平均年収になりますので、田舎の仕事になるともう少なくなる可能性が高いです。 田舎では共働きが多い それでも、娯楽や子どもの教育費などでもっと収入がある方が良いという家庭が多いので、田舎では共働き家庭が大半を占めています。 都会のように子どもが多くないので保育園などの保育施設に入りやすいことや、親世帯が近くに住んでいていざとなった時に子守を任せることができるということも共働きが多い理由の一つです。 共働きが普通になっていることで、小さい子供がいる人や介護をしながら働くことなどに理解が得やすい職場が多いとも言えます。 田舎から上京することで給料UP 田舎には都会にはないような農業などの一次産業や建設業、介護や福祉・医療の仕事、他にも温泉地や大自然を観光しに来る人達のための観光業などがあるので、仕事ないというわけではありません。 それでも自分のしたい仕事がないとか、もっと収入が欲しいという場合は都会に出て働きたいということもあるでしょう。 2020年コロナの影響で、様々な会社が被害を被っていますが、まだまだ人材不足の企業が多く求人の競合も多いので給与設定が高い求人がたくさんあります。 厚生労働省のデータでも 東京の平均年収 377.5万 神奈川の平均年収 329.8万 大阪の平均年収 326.1万 とやはり都心の方が給料は上がります。 スキルにもよりますが、IT系の営業職であれば年収400万円を狙うことも出来るのです。 だから賃金が低く仕事ない田舎で仕事を探すよりも、給与upを望んで転職先を探す場合は、上京するのもひとつの手段といえます。 田舎から上京して給料を上げる しかし地元しか知らなかった人が、上京をしたからといって自分に合った仕事をすぐに見つけることができるのでしょうか? 都会には求人があり過ぎて、その中で給与が高く自分に合った仕事や職場を見つけるのは困難なことです。 まず地理や交通網がわからないので、東京といえどもどの地域で探せばよいかもわかりません。 しかしそのような人たちをサポートするのが私達「株式会社キミノミライ」です。 もし東京に行きたいけれども仕事が見つかっていないという場合は下記のボタンを押し、気軽に相談してみてください。 無料で相談をしてみる 転職と住居をサポート キミノミライでは就職をサポートするだけでなく、住まいのサポートも行います。 通勤しやすい場所 住みやすい場所 家賃の予算など個々に合った住まい を探しますので、東京のことを何も知らない人でも安心です。 田舎には仕事がないのか?まとめ 田舎には仕事ないといわれますが、田舎ならではの仕事はたくさん求人があります。 しかし多くの若者が望むような仕事ないことと給与が少ないという点が、若者を都会に上京させてしまう理由の1つとなっています。 しかし仕事ないから状況といっても、右も左もわからないところで仕事や住まいを探すのは大変です。 そんな時に頼りになるのが上京サポートのサービスです。 もし東京に行きたいけれども仕事が見つかっていないという場合は下記のボタンを押し、気軽に相談してみてください。 無料で相談をしてみる もしあなたが20代後半、30代前半で転職を考えているのであれば、下記の記事も合わせてお読みください。 20代後半でも転職は可能か?この注意点だけは知っておきましょう(2020年最新版)

一人暮らしの準備で揃えたい生活用品6ジャンル。知っておきましょう!

一人暮らしを始めるにあたっては、どんな生活になるのかをイメージし必要な物をリストアップするのがおすすめです。 色々揃えたくなりますが、実際に生活してみると意外と使わない物があったりします。 せっかく買って無駄にしてしまうのは勿体ないので、最初は必要最低限の物を揃えるようにしましょう。 生活をしていくうちに、徐々に揃えて行けば使い勝手の良い物を選ぶことができます。 2.一人暮らしの準備で揃えたい生活用品6ジャンル 一人暮らしに必要な物を挙げると「家具・家電」「食器」「洗濯グッズ」「掃除グッズ」「調理グッズ」があります。 家具や家電など大きな物は場所を取るので、事前に配置したいスペースのサイズを測っておくことが大切です。 食器や調理グッズなども多過ぎると収納スペースに入りきらないこともあるので、収納スペースの大きさに見合った量を準備することが大切です。 一人暮らしの準備に必要なもの1.家具 一人暮らしには、ベッドやテーブル、椅子などを揃えておくのがおすすめです。 ベッドではなく、床にマットレスや布団を敷いて寝る場合もあります。ベッドや布団は当日から使うので、最初に準備するのがいいでしょう。 それから冷蔵庫や電子レンジなどの家電もあると便利です。 電子レンジはお弁当などを温めるのにも使いますし、調理にも使うことができます。テレビも持っている人が多いですが、最近ではテレビがないという家も増えています。 一人暮らしの準備に必要なもの2.食器 食事をしたり、お茶を飲んだりする食器は一人暮らしにも欠かせません。 お茶碗・汁椀・お皿・小皿・箸・マグカップ・グラス・スプーン程度の食器は最低限揃えておきたいものです。来客がある場合には、複数のセットを揃えておくといいかもしれません。 一人暮らしの準備に必要なもの3.洗濯系 一人暮らしをする際には、洗濯に必要なものも準備しておくのがおすすめです。 ベランダがある場合には物干し竿や洗濯紐を準備すると、そこに洗濯物を干すことができます。室内干しをする場合には、洗濯スタンドがあると便利です。 ハンガーや洗濯ばさみ、洗剤なども用意しておくようにしましょう。家の中に洗濯機置き場がない場合には、近隣のコインランドリーを使用することが多いです。 その場合にはコインランドリーがある場所を事前にチェックしておくようにしましょう。 一人暮らしの準備に必要なもの4.掃除系 掃除グッズも準備しておくと、汚れてもすぐに使用することができます。掃除機やハンディワイパー、雑巾などがあります。 ゴミ袋も準備しておく必要がありますが、地域によって指定されている場合もあるので確認しましょう。 キッチンクリーナーや漂白剤、バスクリーナー、トイレ用洗剤など場所ごとの洗浄剤も用意する必要があります。 一人暮らしの準備に必要なもの5.調理系 調理系のグッズには フライパン・鍋 まな板・包丁 ボウル・おたま等 があります。 コンロが設置されていない物件の場合には、コンロも準備しなければなりません。 普段から料理をするかどうかで準備する物は違いますが、お湯を沸かす電気ケトルかやかんがあると、お茶を飲むのに役立ちます。 炊飯器の代わりに、電子レンジでご飯を炊ける便利グッズなどもあります。炊飯器がなくてもご飯が食べられるので便利です。 一人暮らしの準備に必要なもの6.雑貨(カーテンなど) 一人暮らしをする際には、カーテンも準備しておくようにしましょう。カーテンがないと外から中が丸見えになってしまうので、防犯上もよくありません。 引っ越しの当日には準備しておくようにしましょう。カーテンには色々なサイズがあるので、事前に窓の大きさを測っておく必要があります。 それからゴミ箱なども用意しておくと良さそうです。キッチンに置くゴミ箱は生ゴミを捨てることもあるので、蓋が付いているものがおすすめになります。 一人暮らしの不安や悩みを相談できるパートナー 地方から上京して一人暮らしする場合は、相談できる転職エージェントがあります。 株式会社キミノミライでは、上京しての仕事探しはもちろん、転職・就職と同時に初めて一人暮らしをする人たちの不安や悩みにも親身になって相談が可能です。 もし興味がある場合はコチラにお問い合わせください。 一人暮らしの準備に必要なものを用意し、これからの生活の準備をしていきましょう! 一人暮らし関連の記事 執筆者プロフィール 住まいアドバイザー  山根 麻里(やまね まり) 不動産業界でたくさんの上京者の方へお部屋紹介をしてきました。 憧れの街の家賃相場、職場までの経路など、上京するにあたりわからないことや、不安な点もたくさんあると思います。 そうした皆さんが抱える生活の不安やお悩みもお伺いします。東京の穴場スポットや町の魅力もご紹介しながら楽しくお部屋探しをお手伝いします。

上京支援サービスのオススメはここ!業者を選ぶ上での注意点も紹介 

動機としては東京への強い憧れをもっていたり、希望の東京の企業で就職に成功しても地方在住を命じられたりと色々です。 東京在住者と異なって、地方在住者は東京で就職活動に取り込もうとするのは相当な経済的出費が必須で成功の可能性もおぼつかない中で不安にさいなまれながら就職活動を果たさなければならないわけです。 そこで是非利用を検討してほしいのは、上京支援サービスになります。 上京支援サービスを利用するべき 上京支援サービスとは、地方にお住まいの方が東京で就職を希望するときの、電話やオンラインでの面談や就職先の紹介、あわせて住まい探しも支援してくれるというサービスです。 このような状況支援サポート企業は、とにかくすぐ上京したい、上京して就職するについての綿密な情報に接したい、などの場合に特におすすめです。 また希望だけが先にたって何から準備をすればいいのかわからない、こんなユーザーにも最適のサポートを提案してくれます。 上京支援に特化しているのがおすすめポイントです。 上京支援サービスを利用の流れ 上京支援サービスを利用するときの流れですが、まず希望するところに登録して本人確認の電話連絡をもらいます。 その後に担当者と面談して希望などをヒアリングしてもらいます。 そしていよいよ就職先の提案を受け面接などに移行し就職活動が本格化します。 担当者の支援も受けながら就職先が見つかれば、一人暮らしかシェアハウスか、住まいを探します。 新居も確保できればいよいよ東京に引っ越して新生活がスタートするのです。 上京支援サービスはキミノミライ 数ある上京支援サポート企業のなかでも、おすすめなのは株式会社キミノミライが展開している”東京みらいクルー”です。 株式会社キミノミライが提供する”東京みらいクルー”は、東京での就職意欲が高い地方の若者に上京して就職の機会を与えることをコンセプトに誕生しました。 興味がある場合はコチラよりお問い合わせください。 キミノミライでは住居費用も抑えることができる 株式会社キミノミライでは東京に出向くまでもなく、地方で頻繁に説明会を開催しています。 求職している方は旅費を削減できるので、就職活動に伴う余計なコストも大幅にカットできます。 今後上京する予定があり転職先がまだ決まっていない場合はコチラよりお問い合わせください。 上京支援サービスをつかうことで効率良く上京できる 地方在住者の方にとって東京を就業場所に選ぶというのは、経済面でも心理面でも大きな挑戦ですよね? 就職に成功してからの青写真を想像するよりは、色々なことが不安になって躊躇いを覚えることのほうが多いかもしれません。 その不安はもっともなことで、ある意味当然のことです。 上京支援サービスは就職活動中の生活の本拠を確保してくれるのでまず生活の基盤を得ることで不安を低減できると言えるでしょう。 ビジネスホテルを拠点に就職活動をするような状況では、費用も相当な額にのぼりますが、上京支援サポートを利用すれば滞在コストも大幅に削減することができるわけです。 上京先で仕事が決まっていなくても効率良く進めることが出来ます。 東京に上京することで収入アップも見込める 東京に上京することで収入UPも期待できます。 あるアンケートによると東京の平均年収と地方の平均年収を比べると、最大で東京の方が年収が111万円高いと言われています。 つまり、毎月10万近く収入に違いが出てくるということです。 東京には求人先がたくさんありますので、ぜひ興味がある場合はコチラよりお問い合わせください。 上京してからのイメージが曖昧でも大丈夫か とにかく上京することが先にあって、具体的にどのような業種を目標にしているか曖昧な場合はどうでしょうか? 年齢的には20代の若い年齢のユーザーには、この傾向が顕著で正社員未経験から正社員をめざして上京して就職をめざすという場合が典型的です。 (※もちろん現在正社員の方で転職という形で新しい就職先として東京の企業をえらんでいただくことは可能です。) 確かに業種などが曖昧ではエージェントでも仕事を紹介するのが難しいこともあります。 このように将来像が明確に意識化されていない方は、20代の転職支援に強い上京就職サービスに登録することをおすすめします。

転職で上京するメリット・デメリット3選|失敗しないためのポイント(2020年最新版)

はじめに 地方から東京へ転職したいと考えている人は昔からとてもたくさんいますが、実際に上京して仕事をするということ自体、想像もつかないという場合が非常に多いです。 また、東京で転職するときには、いったいどういう手段をとればいいのかが分からないという人も少なくありません。 ここでは地方から東京に上京して転職することのメリットとデメリットについて記述するとともに、転職をするときに成功させるためのコツについて紹介します。 転職で上京するメリット3選 すでに前述したように、地方から東京に上京して転職したいと考えている方は今でもたくさんいます。 それだけこの東京というところが全国的に人気のエリアだということができるでしょう。 しかし、地方から上京して転職するにはやはりメリットとデメリットがあるものです。 これらを正しく把握できている方はそれほど多くないというのが実状ではないでしょうか? これはかなり大切なことなので、ここではまず東京で転職することの3つのメリットを紹介します。 転職で上京するメリット1.給料のUPが期待できる 東京と地方とでは職業の格差というものが生じていることは否めません。 あるデータによると地方と東京では月収で約10万円の差が生まれています。 厚生労働省が発表した平成29年賃金構造基本統計調査によりますと 東京都の平均賃金が377万円 山形県の平均賃金は246万円 でした。 年間で約120万円。月間にすると約10万円の差が生まれていることが分かると思います。 だからこの収入面を何とかしようとして東京に出てくる人が増えたのです。 職業と収入の格差、この問題を解決させるためにも、チャンスに溢れた東京で夢がつかめるように上京転職の効果的な方法を知ることが必要になります。 転職で上京するメリット2.新たな出会いがある 上京転職をするメリットには給料がアップすることだけではありません。他にも新しい出会いを手に入れることも可能です。 やはり人は一人では生きて行けないという意味でも、こうした新たな出会いはものすごく大切な条件になります。 東京では本当に多種多様な人と知り合うことができるのです。 日本人だけではなく、東京には外国人を始め、いろんな地域から人が集まっています。 さまざまな考え方を持った人と知り合いになれることは、上京転職の大きな利点と言えるでしょう。 転職で上京するメリット3.有名スポットにすぐ行ける 東京には 東京タワー 渋谷や原宿 レインボーブリッジ など有名なスポットがたくさんあります。 東京では特に仕事が忙しいということもありますから、休日などにはどこか安らげる場所へ行って心を癒す時間も必要でしょう。 その点、東京には名スポットも多いですから便利です。 転職で上京するデメリット3選 地方から東京へ上京転職することは、先に述べたようなメリット以外にも多くの利点があります。 その一方でデメリットもあります。 これらのメリットやデメリットには人によって捉え方が異なりますので一概には言えることではないのですが、実際に上京転職をした人たちが語るデメリットで代表的なものをここでは挙げます。 転職で上京するデメリット1.満員電車がきつい 東京というエリアは誰でも知るようにマンモス都市です。 このエリアの中には本当にたくさんの人たちが暮らし、毎日生活をしています。仕事をするサラリーマンやOLも多く、朝晩の満員電車の風景はテレビなどでよく目にすることがあるでしょう。 東京の朝の通勤ラッシュは尋常ではありません。 こうした状況に慣れていない地方の人はストレスと感じてしまうのではないでしょうか? しかし、これも慣れてしまえば耐え難いことではありません。 転職で上京するデメリット2.友達がいなくて寂しい ときには自分の好きなことをしたり、仲の良い友人とともにどこかへ遊びに行ったりして気分転換をはかることも必要です。 しかし、地方から上京すれば回りは見ず知らずの他人ばかりで、どうしても親しい友人を作ることができないという人もいます。 こうした状況が続き、孤独を感じる人も多くいます。 また、自分の近くに誰も相談する相手がいないというのは寂しくなります。何とかして友人を作る努力が必要です。 転職で上京するデメリット3.入居費などが高い 地方と東京では物価が違いますから、生活費が高くなってしまうこともあります。 これはなかなか大きな問題になりますが、深刻なのは生活費だけではありません。 東京で働くにはやはり住む場所も必要ですから、アパートやマンションなどを借りることになりますが、問題なのは東京で暮らすとなると地方と比べて高くなってしまうことです。 当然のことですが、生活費にプラスしてこの賃料も必要になります。 ですので、上京前に賃料の安い地域を調べるなど事前準備が大事になってきます。 転職上京で失敗ためには上京支援サービスを使おう 地方から上京を行う際には上京を支援してくれるサービスを活用することをオススメします。 上京支援サービスの中には 東京での仕事を見つけてくれる 東京での新しい家を見つけてくれる といったサービスもあります。 今回はその中でもオススメのサービスを紹介します。 転職上京で失敗しないためにはキミノミライがオススメ 上京して仕事をしようとする人におすすめなのは、人材紹介事業を行う会社「キミノミライ」です。 東京にはこうした企業が多くあり、東京みらいクルーではそのチャンスがつかみやすいと言えるのです。 これまでの実績なども注目され、たくさんの地方出身者から好評を得ています。 IT企業だけではなく、看護師などの専門職や事務職にも強い会社です。 上京した際の転職と住居をサポート 当然のことですが、上京して仕事を始めるためには住む場所を見つけなければなりません。部屋を借りるとなればそこで必要になる賃料も払える額を稼がなければならなくなります。 賃貸物件を探すときに大切になることは、やはり収入から考えて適切な賃料であることが重要です。 東京みらいクルーでは最適な仕事を紹介すると同時に快適な住まい探しのサポートもしています。 東京の不動産に詳しいスタッフがその人に合わせて物件紹介を行っていますので安心です。 東京の事がわからなくて「転職と住居をぜひサポートしてほしい!」という場合はぜひコチラよりお問い合わせください。 転職で上京するメリット・デメリット3選まとめ これまで述べてきた上京転職のメリットとデメリットですが、これらを解決するためには上京支援サービスを利用すれば解決することが多いです。 東京の暮らしというものが分からない人にとってこの地で仕事をするためには、まず住む場所の確保と仕事を探すことではないでしょうか? 東京で住む場所を探すとなると、賃料がどうしても高くなってしまうこともあります。 これを解決するためにもキミノミライのサービスをぜひご検討ください。

地方に仕事がないのは本当か?若者が仕事の収入を上げる方法について

地方には仕事がないのか?その現状 現在の日本では、首都圏に人口が集中しています。 それは働き口が首都圏にはたくさんあるからで、地方に住んでいる若者は首都圏に行く人が多くなり、地方はますます過疎化や高齢化が進んでしまっています。 かといって地方には全く仕事ないというわけではありません。地方で行われている農業や漁業、林業などに関する仕事があります。 また土地の値段が安くて広い土地を使えるということもあり、広い場所が必要な工場などが地方に進出していることも多いので、まったく仕事ないということはないのです。ただ仕事を探す人にとって、合った仕事がなかなかないということなのです。 地方にある一次産業の仕事 地方といっても様々あり、上記でも述べた農業や水産業などの一次産業といわれるような職業に関しては、いつでも求人をしているという状態です。 地元にはやりたい仕事ないため退職をするまで都心で暮らすということで、結局ずっと帰って来ないことも多々あり、後継者が減ってきて一次産業では常に求人を出している状態です。 出典:都市の産業・雇用構造と都市機能の強化 上記の図を見れば分かる通り、全国と東京を比較すると第一次産業の割合が違うことが分かると思います。 第一次産業の全体的な母数は多い訳ではありませんが、この第一次産業の4.0%の実態は常に人手不足の状態であり、地方では仕事を選ばなければ就職・転職はしやすい。 ということが言えるのです。 地方にはホテル業やサービス業の仕事も 日本では温泉が湧くところも多くあり、どんな田舎でも温泉が湧けば旅館やホテルを造って観光業を営むようになり観光客が訪れるようになります。 ですので、地方ではホテル業やサービス業の仕事に就くという選択肢もあります。 出典:総務省 観光客が訪れると、宿泊施設以外にもお土産屋や飲食店なども必要になります。 上の図は新潟市の産業構造の図になりますが、従業者が多い産業として 教育学習支援業 医療福祉 運輸業、郵便業 などに続き、宿泊業・飲食サービス業などがあります。 こうした業種の傾向は地方ごとに異なりますが、特に観光に力を入れている地域では、宿泊業・飲食サービス業が主要な産業となっている地方もあります。 地方には銀行や公務員の仕事が少ない 事務的な仕事をしたい人に関しては、地方では仕事がないといえます。 人口が少ない分大手の銀行もほとんどなく、地域密着型の中小の銀行の支店がいくつかあるという感じです。 各自治体には役所や役場は必ずありますが、多くの人が常に訪れるわけではない小規模な役場が多いので、採用人数も限られてきて、ましてや中途採用はほとんどないといっても過言ではないでしょう。 そのため、銀行や公務員を求める人にとっては仕事はほぼないといえます。 地方に仕事がないから、東京で就職する人が多い 一次産業が好きな人や、地元が好きでずっと住み続けたいという人は地元で何とか仕事を見つけて暮らしていくことができますが、多くの人はいわゆるホワイトカラー(スーツを着て通勤するような仕事やIT関連の仕事)にあこがれを持つため、地元ではしたい仕事ないという状況になり都会に出て行ってしまうということです。 地方に仕事するよりも上京したほうが稼げる 地方にも求人がたくさんある業種はあるのですが、地方で仕事をするよりも都会で同じ仕事をする方が稼げます。 アルバイトやパートの場合も、最低賃金は地域によって異なります。 物価の高い地域は時給も高く、物価の安い地域では時給も安くなります。 これはアルバイトやパートの話だけでなく、正社員も同様に地域の物価と関連して賃金が異なります。 地方では家賃などが安いため生活にかかる支出は安く済みます。しかし、同時に働いてもらえる時給や賃金も相対的に低く、中には驚くほど低い賃金で求人を募集している企業もあります。 都会での暮らしは家賃も物価も高くつきます。しかし、求人を募集している企業の数も多くあり、ひとつの業界内でいい人材を取り合う競争が生まれています。相対的に提示する給与の水準もあがり、給与の高い企業に転職できる可能性が高くなります。 地方から東京に行くなら、キミノミライがオススメ 地方出身で上京して働きたいという20代の人を支援するための応援する「株式会社キミノミライ」という人材紹介事業を行う会社が東京にあります。 キミノミライは地方で生まれた、やりたい仕事がないという首都圏との「職業選択の格差」と、都内で需要はあるけれど常に人手不足という企業があることを解決するために生まれました。 地方から東京に行きたいけれども、東京での就職先がまだ見つかっていないという場合はコチラよりお問い合わせください。 転職だけでなく住居もサポートしてくれます キミノミライでは職業選択の幅を広げてくれるだけでなく、上京してからの住まいについてもサポートします。 東京のことを知らない若者が適した住まいを自分で探すのは大変ですが、経験豊富なキミノミライがサポートを致します。 少しでも不安な場合はコチラよりお問い合わせください。 地方に仕事がないのは本当か?まとめ 一次産業や観光業、または工場や福祉関連の仕事なら田舎の方でも求人はあります。 公務員やIT関連の仕事を希望するなら仕事ないというのは本当です。 そこで状況をする人が多いのですが、地元しか知らなかった若者が急に状況をして、自分に合った仕事や住まいを見つけるのは簡単ではありません。 そこでサポートをしてくれるのがキミノミライです。地元に希望の仕事ない人で上京したい若者には、キミノミライでのサポートを受ければ自分に合った仕事と住まいが見つかるでしょう。