公務員に転職して後悔した3つのポイントと成功するためのコツ

公務員に転職して後悔した3つのポイントと成功するためのコツ

民間から公務員に転職すると後悔する人もいる

民間の企業から公務員の仕事に転職できれば、少し業務が楽になるのではないか?安定した仕事に就き、安心出来るのではないか?

そう思われている方は多いかもしれません。しかし実際は公務員の仕事は非常に大変です。

今回は公務員に転職した方が後悔したポイントをお伝えすると共にどうすれば、転職が成功するのかについてお伝えしたいと思います。

公務員に転職して後悔した点1.給料が低い

平成30年度国家公務員給与等実態調査の結果によると、国家公務員の平均年収は686万円です。

この数字を見ると高いと思いますし、一般の方の認識でも公務員=給料が高いと認識している方は多いと思います。

しかし、公務員の給料は勤続年数に応じて上がっていくため、20代30代に関しては民間企業よりも給料が低くなってしまうこともあります。

民間企業で働いている場合、副業などで収入を増やすことを考えられるかもしれませんが、公務員は副業を基本的には禁じられています。

ですので、給料が高くなるかもしれない。という理由だけで転職を考えるのは危険です。

公務員に転職して後悔した点2.ルーティンワークばかりでモチベーションが上がらない

民間の仕事と公務員の仕事で大きな違いをあげるとするならば、裁量の大きさの違いです。

公務員の仕事は与えられる裁量が少ないです。

自分の意見が反映されることはまずありませんし、毎日同じようなタスクをすることが多いです。

ですので、毎日同じことを繰り返すのが好きな方にはオススメですが、それが苦手な方には公務員は向いていないといえるでしょう。

公務員に転職して後悔した点3.試験が難しい

公務員の試験は倍率10倍を超えることも少なくなく、かなりの対策が必要です。

本当に公務員試験に合格したいと考えるのであれば、働きながら勉強するのではなく、仕事を一旦辞めて勉強に専念したほうが合格する確率は高まるでしょう。

3年4年と落ち続ける人もかなりの割合でおられますので、しっかりとした対策が必要となります。

生半可な気持ちで臨むのではなく、数年間の準備期間が必要になってくるということです。

民間から公務員への転職を成功させるには

民間企業ではダメでなぜ公務員になる必要があるのか。ということをまずは考えなければなりません。

なぜなら安定を求めるのであれば、民間企業でも実現できる会社はたくさんあるからです。

それでも公務員になりたいという場合は、実際に公務員として働いている人に話を聞いてみる。というのが一番良いと思います。

業務内容や条件等について聞ける範囲で実際の声を聞いてみるのが一番です。具体的なアドバイスももらえると思います。

また条件の良い会社で働くということを考えると、公務員でなくほかの民間企業で働くというのも選択肢の1つとして挙げられるでしょう。

その場合は失敗をしないように転職エージェントに相談するのがオススメです。

20代で転職を考えている場合はキミノミライがおすすめ

キミノミライ 転職 上京

転職エージェントの中でも20代なのであれば株式会社キミノミライがオススメです。

東京の人材会社であるキミノミライでは20代に特化した人材紹介を行っており、あなたが一度も転職をした経験が無い場合でも0からサポートさせて頂きます。

また、キミノミライではあなた自身の価値に対して、企業目線で上手に売り込んでくれ、内定が出るまでサポートしてくれる。というメリットがあります。

次の転職先に関して

  • 同じ業種に転職した方がいいのか
  • あなたに合った企業がどこなのか

といったことについても無料で相談することが出来ますので興味がある場合はコチラのフォームをご入力ください。

公務員に転職して後悔した3つのポイントと成功するためのコツ まとめ

いかがでしたでしょうか?

民間企業から公務員に転職をすることは思ったよりもハードルが高いです。

公務員に転職をして

  • 1.給料が低い
  • 2.ルーティンワークばかりでモチベーションが上がらない
  • 3.試験が難しい

といったポイントで後悔をしてしまう人は多いです。

安定を求めたい。といった理由で転職を考えているのであれば、他の民間企業に転職されることをオススメします。

相談をしたい場合はこちらよりお申し込みください。

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!