新人看護師だけどもう逃げたい!オススメな”逃げ道3つ”を教えます。

新人看護師だけどもう逃げたい!オススメな”逃げ道3つ”を教えます。

新人看護師から逃げたい理由は人それぞれ

多くの人に感謝される、素晴らしい仕事である看護師に憧れて夢を叶えたという人もいるでしょう。

しかし現実にはいろいろと大変なこともあり、看護師になったけれど逃げてしまいたい気持ちになる人は少なくありません。

  • 長時間の労働や人間関係などに疲れてしまった
  • 失敗ばかりしていて向いていない気がする

など、辞めたい理由も人それぞれです。

自分はダメだと落ち込んでしまうかも知れませんが、同じように逃げたいと思っている人は多くいるものです。

今回はそんな看護師を辞めたいと思っている人に向けた”逃げ道”について紹介していきます。

参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください。

看護師は人員不足なのが現状

看護師は仕事量が多く、人員が足りていないと感じている職場も多いでしょう。

勤務している病院の人手が足りずに毎日のように残業があるという看護師の方も多いものです。

また現在は新型コロナウイルス感染症の感染者は19,522例、死亡者は977名と出てており、その影響で病院での仕事量がより一層増えています。

毎日忙しく残業ばかりで体を十分に休めることが出来ないという状況が続いていると、そのような職場から逃げたいと思うようになってもおかしくありません。

しかも求人を出していなかったり応募がなかったりするとなかなか人員不足も解消せず困ります。

新人看護師が逃げたいのは当たり前

新人の頃というのは看護師にとって最も逃げたい気持ちになってしまう時期です。

人手が不足している病院の場合にはは、特に新しく入ってきた人に丁寧に教える時間無いという場合が多いです。

それなのに足手まといのような扱いをされることもあります。

さらに新人にとっては勝手がわからない状態で、人命にかかわる仕事をしなくてはならないことにもプレッシャーを感じます。

このような状態では逃げたいと思っても当たり前ではないでしょうか。

看護師のうち12人に1人が新人で辞める

看護師のうち12人に1人が新人で辞める

出典:日本看護師協会

日本看護師協会の資料によると、毎年5万人を超える人が資格を取得し看護師となっていますが、残念ながら辞める人も多く、12人に1人の割合で新人が辞めていっている現状があります。

せっかく頑張って資格を取得したとしても、かなり多くの人が逃げたいと思う職場だということがわかります。

  • 「忙しすぎて心身を病んでしまいそう」
  • 「仕事の重圧に耐えられない」
  • 「人間関係に悩む」

などその理由は様々ですが、転職を考える人も多いほど大変な職場も多いという事です。

では、そんな看護師がどのようにすれば良いのかそのアドバイスについて紹介していきます。

看護師を逃げたい方の逃げ道1.プロに相談する

現在、看護師として働いている状況が辛い場合には、環境を変えるというのも1つの方法です。

転職先を自分で探すのも良いですが、転職に強いプロ(転職エージェント)に相談するという方法もあります。

仕事をしながらでも相談することができるエージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

せっかく苦労して取得した国家資格や、短期間であっても医療の現場で勤務したという経験を活かせるような、より自分に合った職場を見つけられる可能性があります。

20代の看護師ならキミノミライがオススメ

キミノミライ 転職 上京

キミノミライは地方からの上京や20代の転職を支援するサービスです。

地方によっては就職先の選択肢が少なく、思うような仕事に就けないというケースは少なくありません。

そのような時に役立つのがこの会社のような、地方で仕事を探すのではなく上京して仕事を見つけることができる転職エージェントです。

また上京時の住居についても紹介してくれます。

看護師の方向けに他業種の仕事を紹介することも可能ですし、今すぐに転職を希望している人はもちろんですが、転職を将来的に考えているという人にもおすすめです。

また、株式会社キミノミライでは

  • 「会社との退職交渉をどうするのか」
  • 「保険や年金の仕組みについて分からない。」

といった悩みについても相談に乗っています。

また、キャリアアドバイザーからのサポートが受けられるというのもメリットです。

下記より入力して頂き電話で相談することも可能ですのでぜひご検討ください。

無料で相談をしてみる

看護師を逃げたい方の逃げ道2.休んでみる

今すぐ転職をするとは決められないけれど、既に看護師を逃げたいほど気持ちの限界に来ている、という場合にはひとまず休みをとるというのも1つの方法です。

人員不足の現実を知っていると休みたいとは言いにくいという人もいるかも知れません。

しかしこのような状態で、自分の心身の健康を守ることができるのは自分だけです。

短い間でも良いのでとりあえず休みを取って体を休めてみると、今後どうしたら良いかの良い方法を思いつく可能性があります。

またもし今スグにでも辞めたいという場合は「看護師辞めてよかったこと3選|その後転職で成功するには?(2020年最新版)」の記事も合わせてお読みください。

看護師を逃げたい方の逃げ道3.志望した理由を思い返す

今の職場から逃げたい気持ちになってしまったときには、どうして看護師になりたいと思ったのかを思い出してみるのもおすすめです。

そうして原点を振り返ってみると、よくここまでやったと思えるのではないでしょうか?

そしてもうちょっと続けてみようと思い直すことができるかも知れません。

別に逃げるわけではありませんね。どちらの選択肢も取ることができます。

看護師を逃げたい決断した場合は?

看護師を逃げたい決断した場合は?

どうして看護師になりたかったのかを思い出してみても、やはり逃げたいと思う人もいるでしょう。

辞める決断をした場合には、気持ちを切り替えて転職先を探すのがおすすめです。

「新人なのに大丈夫かな。」と思うこともあるかもしれませんが、できることなら20代前半のうちに転職された方が有利だと一般的には言われています。

辞める場合は転職先が決まってからの方が、辞めることを今の職場に伝えやすく、退職がスムーズです。

さらに無職になる不安もなくすむというメリットがあるので、在職中に探すのが良いでしょう。

新人の看護師でも転職は簡単

自分でハローワークや求人広告を見て転職先を探すのも良いですが、やはり転職エージェントを利用するのがオススメです。

新人の看護師であっても仕事をしながら簡単に転職をすることできる場合があります。

取得した資格を活かしながらも、今よりもより自分に合った職場を見つけることができる可能性があります。

何から始めたらいいか分からない場合には、こちらより無料で相談してみてください。

看護師以外の仕事の転職理由を知りたい場合は下記の記事も合わせてお読みください!

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!