仕事辞める理由で嘘を言う人は約50%!本音のほうが受かりやすい?

仕事辞める理由で嘘を言う人は約50%!本音のほうが受かりやすい?

仕事を辞める理由で嘘を言う人は約5割

仕事を辞める理由で嘘を言う人は約5割

出典:エン・ジャパン

厚生労働省の平成 30 年雇用動向調査結果の概況のデータによると離職者は724万人もおり、会社を辞めるということは特別変わったことではありません。

会社を辞めるというときに、単に自己都合で辞めたいということを伝えるだけでも良いはずではあるのですが、仕事を辞める理由を言うことが求められたり、理由を伝えたりする方がすっきりとした気持ちになったりするものです。

一般的にこのような理由で退職します、ということになっているため、退職をしたいという人は仕事を辞める理由を何と言ったらよいのかで悩むことが多いのではないでしょうか?

退職経験のある求職者を対象に行ったアンケートによると、会社に仕事を辞める理由で本音を言った人は53%になったそうです。

つまり5割の人は、本当の退職理由とは別の理由を伝えているということになるのです。

この記事では仕事を辞める際にどのように伝えれば良いのかを伝えていきます。

参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください。

仕事を辞める理由で嘘を言うのはなぜ

その理由は会社に仕事を辞める理由を言うときに、嘘の退職理由を伝える人の多くが本音を正直に言いにくいからだと言えます。

会社への不満がある場合や人間関係に限界を感じた時、仕事が自分に合わなくて我慢しているなど、正直に話すことでお互いに嫌な気分になってしまう可能性がある場合に、嘘の理由を言う人が多いのではないでしょうか?

本音を言ったことで、残りの期間に居づらくなってしまったり、嫌がらせを受けるかもしれないという不安があると、円満退社をするために嘘の仕事を辞める理由を伝えるということになるようです。

また、エンジャパンの調査では、建前としては

  • 仕事の領域を広げたい
  • 専門スキルや知識を発揮したい

などの退職理由を伝えますが、実際の本音としては

  • 給料を上げたい
  • 上司と合わない

などの理由を話しているということが分かりました。少しでも円満退社するために違った理由を話しているのですね。

仕事を辞める理由は嘘ではなく本音のほうが良い?

では仕事をやめる時の理由は嘘の方が良いのか、本音の方が良いのかでいうとどちらが良いとは一概に言えません。

というのもその理由がどういった理由なのかに左右されるからです。

仕事を辞める理由が、新しいことに挑戦したい、キャリアアップしたいなど前向きな理由の場合には、本音を言いやすいと思います。

また家族の理由や体調面など、自分の気持ちではどうにもできないことの場合も、事実を伝えやすい人が多いようです。

仕事を辞める時に、本音を言った方が自分の気持ちにも嘘が無くてすっきりするので伝えることができる場合には、わざわざ嘘の理由を考えなくても本音で話したほうが良いでしょう。

嘘が後々トラブルになる可能性があれば辞めておきましょう

円満退社を目指して嘘の退職理由を伝える時には、後々嘘だとばれてしまいトラブルになったり、後で知った人が嫌な気持ちになったりする可能性があるような理由は避けることをおすすめします。

ばれてしまうと、嫌な気持ちになる人がいることに加えて、嘘をついたことで自分に対する信用が失われてしまいます。

親の介護と言ったのに、後日元気な親と買い物などに行っている時に偶然鉢合わせてしまう、結婚すると言ったのに結婚ではなかったなどの場合です。

新しい会社でも、前職の付き合いがあったり、後々気まずい思いをするような理由は言わないようにしましょう。

仕事を辞める理由は本音を言ったほうが無難

仕事を辞める理由は本音を言ったほうが無難

仕事を辞める理由を言う時には、差し障りがないのなら本音を言った方が無難です。

残りの期間に自分の退職が話題になった場合でも、本音を言っている方が自然に答えることができます。

また、自分の気持ちにも嘘がないので後ろめたい気持ちにもならず、気持ち良く退社しやすくなります。

しかし、本音の理由を言ったことによって

  • 上司に怒ったりキレられてしまったり
  • 社長や経営者に不満を伝えてしまうと、退職を認めてもらえなくなったり
  • 「責任感がない」や「甘い」と引き止められたり

という感じ取られることもありますので、注意しましょう。

一番大切なことは上司や会社の人とトラブルなく仕事を辞めるということですね。

仕事を辞める理由で一身上の都合はOK

仕事を辞める理由で嘘をつくのも、本音を伝えるのも気が引けるという場合には、一身上の都合と説明すると良いでしょう。

退職の時には理由を告げる必要は本来なく、退職の申し入れから2週間経過すると雇用契約が終了することになっているので、退職理由の説明は不要のため一身上の都合と言うだけでOKなのです。

仕事を辞める理由は内容よりも伝え方が大切

円満退社をするためには、仕事を辞める理由が何かということよりも伝え方が大切になります。

  • 退職希望日の1か月から3か月前に余裕を持って伝えることや直属の上司に最初に話すこと
  • 不平や不満をできる限り避けて引き継ぎ業務をきちんと行うこと

で、礼を尽くしてすっきりと退職することができます。

仕事を辞める理由の伝え方が分からない場合は相談を

仕事を辞める理由の伝え方が分からない場合は相談を

もしあなたが

  • 仕事を辞める理由の伝え方が分からない
  • 自分のケースに合った建て前の退職理由で悩んでいる
  • 上司の引き留めに対する対策を知りたいなど伝え方で困った

といった場合には、前向きな退職と転職をサポートしている実績がある転職エージェントなどに相談することをおすすめします。

多くのケースの実績があるので、仕事を辞める理由の伝え方などを的確にアドバイスしてくれます。

転職エージェントならキミノミライがオススメ

キミノミライ 転職 上京

株式会社キミノミライは東京の人材紹介会社で、転職エージェントとしての実績が豊富です。

20代からの転職に幅広く対応しており、今すぐに転職を希望している人はもちろんですが、転職を将来的に考えているという人にもおすすめです。

また、株式会社キミノミライでは

  • 「会社との退職交渉をどうするのか」
  • 「保険や年金の仕組みについて分からない。」

といった悩みについても相談に乗っています。

また、キャリアアドバイザーからのサポートが受けられるというのもメリットです。

コチラより入力して頂き電話で相談することも可能ですのでぜひご検討ください。

仕事を辞める理由を伝える際には細心の注意を

新しい仕事に向けて前向きな気持ちで退職にも取り組むことができるようにするためには、細心の注意を払って仕事を辞める理由を伝えましょう。

本音で話すことができると良いのですが、言いにくい場合には一身上の都合や建て前で構いません。

大切なことは、これまでお世話になった会社や上司、同僚に敬意を払いながら伝えることです。

仕事を辞める理由の伝え方が分からない場合には、キミノミライにぜひ無料で相談してみてください。

またどう言った転職理由で転職しているのか知りたい場合は下記の記事も合わせてお読みください。

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!