年収350万円の手取りは295万円!給料を最速で上げる方法や住宅ローンについて

年収350万円の手取りは295万円!給料を最速で上げる方法や住宅ローンについて

年収350万円の平均的な手取り額とは

年収350万円 手取り

年収350万円の手取りは約295万円です。

手取りは通常年収から、税金(所得税・住民税)と社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)を差し引いて算出されます。

そのため同じ年収350万円でも手取り額は異なりますが、結婚して配偶者と子供1人がいる家庭の手取りの目安は295万円になります。

年収350万円でも独身の手取り額は異なる

年収350万円で独身の場合は手取り280万円です。

同じ年収でも、独身男性の場合は手取りが少し低くなります。

天引きされる保険料は、家族を持つ人とほぼ変わりありませんが、所得税と住民税の負担が大きくなるのが原因です。

例えば所得税の場合、家庭を持つ人は約3万6千円ですが、独身の場合は約12万5千円になります。

今回は現在年収350万円の人が今後どのようにすれば収入(手取り)額を上げていけるのか。その方法についてまとめていこうと思います。

参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください。

今すぐにでも年収350万円から収入をあげたいという場合は下記よりご相談ください。

もし、現在年収が350万円程度で「もう少し給料をUPしたい。」「生活を楽にしたい。」と思われている場合は下記より気軽にご相談ください。

無料で給料UPの相談をしてみる

年収350万円の適正家賃はいくら?

年収350万円 適正家賃

年収350万円の場合、適正な家賃相場は7万円ほどです。

家賃は生活費の中でも大きな部分を占めますが、家賃が高すぎると、毎月の支払いだけで精一杯ということにもなりかねません。

給料に対する適正家賃を知るには、年収に25%をかけて算出します。たとえば年収350万円なら適正家賃は月約7万円ほどです。

家賃は年収の25%から30%を目安にしましょう

家賃は年収の25%という目安は新しい考え方で、以前は給料の3割と言われていました。

家賃が収入の30%になると、家計を圧迫するリスクにつながると言われるようになったのは年収から差し引かれる税金や保険料が増え、手取り額の割合が低くなる傾向があるからです。

(※所得税に関する詳しいことは財務省の給与所得控除制度をお読みください。)

目安としては年収350万円の場合、高くても(年収の29%)約8万円ほどにとどめるのが賢明です。

年間だと約100万円が家賃でかかる計算になりますね。

年収350万円で住宅ローンを組む時の目安は?

年収350万円 住宅ローン

年収350万円で住宅ローンを組むなら3000万程度が目安となります。

住宅ローンは、一戸建てやマンションなど居住する家屋を購入する際に受ける融資のことです。

家賃同様毎月の住宅ローンが高いと、家計をダイレクトに圧迫することにつながります。

ですので、事前に適正価格を算出し、その範囲内にするようにしましょう。

無難な住宅ローン借入額は、年収の5~6倍と言われています。

ですが借り入れる金融機関によって審査基準や計算方法が設定されていますので、そちらを参考にすると良いでしょう。

銀行から住宅ローンを借り入れる場合の目安は、年収350万円の場合1,800~3,000万円程度となります。

住宅ローンを組む時の注意ポイント

住宅ローン 注意事項

住宅ローンを組む上では、住宅ローンの借入可能額は、銀行など各金融機関によってばらつきがありますので、適正借入額はあくまでも目安として理解するのが得策です。

借入可能額は借り入れ先の金融機関によって異なると同時に、返済可能額ではないということにも注意する必要があります。

適正な住宅ローン借り入れ額は計算で求めることができますが、実際に考慮するのは毎月無理なく返済できるかどうかです。

年収350万円と一口に言っても手取り額は異なりますし、毎月の支払いや支出にも個人差があります。

車のローンなど他にも返済を抱えている人は、そうでない人よりも毎月返済する住宅ローンは低額に設定したほうが無理はありません。

住宅ローンが病気で返せなくなる?

たとえば住宅ローンを最大借入額で借り入れして、夫または妻のどちらかが大病で働けなくなった場合や会社をリストラされた場合、年収350万円を下回り、手取りが大幅に減るという自体も想定できます。

その場合返済が非常に厳しくなるでしょう。

このように住宅ローンを借り入れする際は、借入可能額とともに、無理なく返済できるかという点についても考慮する必要があります。

年収350万円から収入を上げるには?

では次に年収350万円から給料を上げる方法についてお話します。

まず考えられる簡単な方法としては、結婚しているなら共働きすることです。

妻(夫)が同じように年収350万円の収入を得た場合、700万円になります。

相手の収入が期待できない場合は、副業などで収入を増やすことが考えられます。

株式売買やネットオークション、アフィリエイト、不動産のオーナーなど、副業できる可能性は広範囲にわたります。

同じ会社に残り、昇進することで給料が上がり、その結果収入や手取りを増やすことが可能になります。

そのためには日々の実務を着実にこなしながら、大事な局面で成果を上げるよう努力することが大切です。

会社に留まっても出世が見込めない、これ以上給料が上がる気配がない。という場合は、転職も視野に入れたほうが良いでしょう。

年収350万円から最短で給料を上げる方法

年収350万円 給料上がる

年収350万円から最短最速で給料増やす方法に転職があります。

シンプルに今よりも給料の良い仕事に就くということです。

この方法がおすすめの理由は、年収350万円以上を目指す場合、年収400万円以上の仕事に絞って探すことで、希望年収をクリアする仕事が見つかる可能性が高いからです。

「今まで経験してきた業界以外に転職なんて出来るのかな。。」と思われている場合も問題ありません。

実際はこれまでの経験を生かして異なる業界に転職する場合、その業界ではレアな能力を持つ人材として重宝されることがあります。

自分をより付加価値高く企業に売り込む際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

年収350万円の方の転職ならキミノミライがオススメ

キミノミライ 転職 上京

では転職をどこでするのがオススメなのか?という話ですが、20代で転職活動をしている方にはキミノミライがオススメです。

20代に特化した転職エージェントのため、その世代に合わせた仕事も多く、マッチングしやすいのが特徴です。

例えあなたが転職した経験が無くても、キミノミライのキャリアアドバイザーが採用企業に対して、採用側の目線で上手に売り込んでくれます。

また、内定が出るまで書類の作成や面接対策などもしっかりサポートしてもらえるというメリットがあります。

もし、現在年収が350万円程度で「もう少し給料をUPしたい。」「生活を楽にしたい。」と思われている場合は下記より気軽にご相談ください。

無料で転職の相談をしてみる

年収350万円の手取りは295万円 まとめ

今回は年収350万円の方が

  • どのくらいの家賃の家に住めばいいのか
  • 住宅ローンの目安について
  • 年収を上げるためには転職が近道である

というお話をしました。

あなたも年収が上がれば、家賃や住宅ローンについてももう少し余裕を持てるかもしれません。

また、今の労働環境が厳しいという場合は少しでも良い条件の会社に就くことをオススメします。

下記の記事もあわせてお読みください!

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!