転職してよかった。と思った方が行う5つのコト|今後転職される方の参考に

目次 1. 転職してよかったと思っている人は88%1.1. 転職してよかったと思える7つの理由2. 転職してよかった。と思った方が行った5つのコト3. 転職してよかった。と思った方が行ったコト1.自己分析を行う4. 転職してよかった。と思った方が行ったコト2.企業研究を行う5. 転職してよかった。と思った方が行ったコト3.仕事を続けながら転職活動する6. 転職してよかった。と思った方が行ったコト4.早く決断したほうが良いと理解する7. 転職してよかった。と思った方が行ったコト5.エージェントに相談8. 転職してよかった。と転職を成功させるコツ8.1. 転職エージェントがオススメな理由9. 転職エージェントでオススメなのはキミノミライ9.1. 上京される際は仕事+住居をサポート10. 転職してよかったと思えるように準備しましょう 転職してよかったと思っている人は88% 出典:マイナビニュース ある転職サービスのアンケートによると、転職してよかったと答えた人はほぼ9割という結果が出ています。 非常に高い数値といえますが、1割強の人は転職したことに対してネガティブな印象をもっています。 さまざまな状況があるので一律に判断することは出来ませんが、転職に満足している人とそうではない人にはどのような違いがあるのでしょうか? 今回は実際に転職してよかった。と思われた方が行った行動について紹介していきたいと思います。 あなたが転職を考えられている場合にはぜひ参考にしてみてください。 転職してよかったと思える7つの理由 転職してよかったと答えている人たちにその理由を聞いてみると、まず収入がアップしたというものがあります。 前職とは違い職場の人間関係で悩まされることがなくなったという人もいます。自分が本来やりたかった仕事につけて満足している人も多いようです。 また、休める日が増えたなど福利厚生面が充実したという声もあります。 会社員の代表的な悩みともいえる通勤時間が短くなったことでやる気が増したケースもあるようです。 職場環境が良くなり、体調が安定するようになったと喜んでいる人もいます。さらに、転職を通して自身の成長が自覚できたという意見も見受けられます。 転職してよかった。と思った方が行った5つのコト 転職してよかったと思っている人たちの転職活動は、失敗した人たちとどのような点で違っていたのでしょうか? まずは活動に入る前に自己分析を行なったという声が目立ちます。次に目立つのが応募先企業についても事前によく調べているということです。 また、前職場での仕事は続けたまま次の職場を探していたという傾向も見られます。 他にも、応募や内定受諾の判断は迅速に行なったり転職専門のエージェントに相談したりといった声も聞かれます。 それでは一つずつ紹介していきます。 転職してよかった。と思った方が行ったコト1.自己分析を行う まずは自分自身のことを知ることが大切になってきます。 たとえば、エンジニアの方が転職する場合にスキルシートだけを詳細に書くだけでは不十分です。 そのスキルを使ってどのような仕事が出来たのか どんな点で苦労しどうやって解決したのか そこから自分の性格をどう思っているのか といったことまで記す必要があります。 自分を客観的に分析できる態度というのは高く評価される点でもあるので丁寧に取り組むべき事柄です。 転職を成功させるためにも自己分析はしっかりと行いましょう。 転職してよかった。と思った方が行ったコト2.企業研究を行う 応募先企業の研究を行うのは、転職時に限ったことではありません。 新卒の学生でも企業研究は行なっており、転職される方の企業研究は企業概要やガイダンスを読むだけでは不十分です。 面接官は実務経験者として応募者をチェックしています。 事業内容はもちろん 業界でのポジション 今後どういう開拓が必要なのか といったことまで、自分なりの意見をまとめておくべきでしょう。 そうすることでより正確に転職を行うことが出来ます。 転職してよかった。と思った方が行ったコト3.仕事を続けながら転職活動する 前職の企業が倒産するなどして転職する場合は仕方ありませんが、出来るだけ現在の仕事を続けながら転職活動を行うほうが良いでしょう。 収入がない状態で就職先を探すと、生活に対する不安から妥協して決めてしまう恐れがあるからです。 また、仕事を辞めずに続けているという姿が業務に対する熱意をアピールする材料にもなります。 転職してよかった。と思った方が行ったコト4.早く決断したほうが良いと理解する 転職活動における判断は何事も早めに行うことが肝心です。1つには年齢制限などの問題で、迷っている内に応募できなくなる可能性があります。 条件の良い就職先ほど早く埋まってしまいます。 最も判断が遅くなるポイントは、いつ現職を辞めるかという時期に関する問題でしょう。 これについても次の職場がほぼ決まった時点ですぐに退職の意思を示すべきです。躊躇する場合は何処かに転職に対する迷いがあるのかもしれません。 転職してよかった。と思った方が行ったコト5.エージェントに相談 転職活動は自分1人で十分だと思っている人もいるでしょう。 しかし、専門の転職エージェントに相談するのがオススメです。 特に仕事を続けながら活動する場合、自分が業務をしている間でもエージェントが企業への申し込みなどを代行してくれるので時間の節約になりますし、より効率よく転職を行うことが出来ますので、お金の節約にもなります。 また、インターネットなどの検索だけでは見つからない企業情報も、専門家であれば豊富に入手しています。 ※次の章でオススメの転職エージェントについても紹介します。 転職してよかった。と転職を成功させるコツ 転職後に成功したと実感するためには、活動は早め早めに行うことです。 そもそも転職するか否かの決断から、応募先企業の選定、転職エージェントへの相談など積極的に前へ進めましょう。 良い条件の仕事ほど早く採用が決まってしまいます。ですので、後悔しないためにもスケジュールは常に前倒しで考えることが大事です。 また退職する企業にしても、早めに退職の意思表示をしてくれることで後継者の採用計画を余裕をもって立てることができます。 転職エージェントがオススメな理由 転職活動をするなら、専門の転職エージェントに相談するのが良いでしょう。 何といっても一般には公開されていない求人情報も把握しているので、より条件の良い転職先が見つけられる確率が高まります。 単独だとどうしても活動を怠けたり中だるみすることがありますが、エージェントの存在があればその危険も防げます。 また、身内や友人以外の第三者が関わってくれることで、通常では指摘しにくい自分の弱点なども言及してくれ、客観的に評価してもらえるのは大きなメリットです。 転職エージェントでオススメなのはキミノミライ 株式会社キミノミライは、転職に前向きな人をしっかりサポートしてくれる転職エージェントです。 転職エージェントで転職の相談に乗ってくれるだけでなく、 「会社との退職交渉をどうするのか」 「保険や年金の仕組みについて分からない。」 といった悩みについても相談に乗っています。 また、キャリアアドバイザーからの直接サポートが受けられるというのもメリットです。 コチラのフォームより入力して頂き電話で相談することも可能ですのでぜひご検討ください。 上京される際は仕事+住居をサポート キミノミライでは、地方出身者の首都圏への転職を支援しています。 さらに転職活動の結果、地方から上京するなど住居を移すことになった場合のサポートも行っています。 特に地方出身者では、都市部の住宅事情などもわからずそのために都会への転職を躊躇してしまう人もいるかもしれません。 キミノミライはそうした人たちのライフスタイルもしっかり支援していきます。 興味がある場合はコチラのフォームより入力して頂き電話で相談することも可能ですのでぜひご検討ください。 転職してよかったと思えるように準備しましょう 自己分析や企業研究など基本的なことを押さえておけば、転職活動の成功率は高まります。 あなたの能力が活かせる理想の職場に近づくために、しっかり準備することが大切です。 転職エージェントを上手に活用することも考えましょう。