【2020年最新】教員から転職は後悔してしまう?失敗しない3つのコツを紹介

【2020年最新】教員から転職は後悔してしまう?失敗しない3つのコツを紹介

教員から違う職に転職することは可能です

私たちキミノミライは教員のみならず、アパレルなどの職種から異業種への転職サポートもサポートする都内の人材紹介会社です。

20代、30代の方を中心に転職を希望される方の支援をしております。

今回は教員の方がどうすれば、転職で成功できるのかという事についてお伝えします。

文部科学省のデータによると、

  • 小学校の教員が約40万人
  • 中学校の教員が約25万人
  • 高校の教員が約25万人

と全国には沢山の教員の方がおられ、その中には前向きな転職を考えられている方も多くいます。

結論から言いますと、教員から違う職に就くことは可能です。

しかし、

  • 教員の年収が高いこと
  • 教員のビジネス経験は乏しいこと

などから比較的難しいとされています。

今回は教員から転職される際のポイント(コツ)について紹介していきたいと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

※異業種に転職する際の注意点について書いている下記の記事もあわせてお読みください。

教員から転職する際の5パターンを紹介

教員から民間企業への転職は難しいと言われることが多々ありますが、転職先として教育関連の仕事に就く人がよくみられます。

教員から転職する際には大きく

  1. 塾や予備校の講師になる
  2. 教材の開発や教材制作に携わる
  3. 学校の事務や教務事務に携わる
  4. カスタマーサポートの仕事に就く
  5. 営業関連の仕事に就く

の5つのパターンに分かれるといえるでしょう。

教員からの転職として最もよくあるパターンは塾や予備校の講師です。
生徒に教えるという部分で共通点があり、教員の経験とスキルが活かせます。

もう一つのパターンは教材の開発や教材制作です。
教育現場にいた経験があるため、有用な教科書や教材の企画・開発・制作に活かせることで人気です。

3つ目が学校事務・教務事務です。
私立学校では、経理や行事の準備だけではなく、学校説明会や生徒募集の広報もあります。

4つ目がカスタマーサポートです。
企業の窓口として、丁寧なコミュニケーションが出来る適性があると判断され、転職先に多いようです。

最後に営業関連の仕事です。
異業種に転職のケースで1番多いのが、カウンセリングの営業や人材企業のキャリアアドバイザーです。

教員からの転職では適性があると判断されることが多いです。

そもそも「コミュニケーションが苦手だ。」という理由で転職を考えられている場合は

【コミュ障の方必見】仕事オススメ5選!ストレスなく働きましょう(2020年最新版)

こちらの記事を読んでいただけると参考になると思います。

教員の転職市場における評価が低い理由

教員からの転職が難しいのは市場における評価が低いと言う理由があります。

全ての教員に当てはまる訳ではありませんが、前提として教員の転職市場における評価を認知しておくことが大切です。

教員は集客や売上など数字を意識することが無く、コミュニケーションに関してもビジネスパーソンとして即戦力弱いという印象に繋がります。

ビジネスにおいては先方のニーズに応えるためにまず結論から話し、相手目線で物事を伝えることが大切になりますが、

学校の現場では子供としか基本的に会話していないため、敬語をうまく話すことが出来ない可能性があるということもマイナスな点だと言えるでしょう。

また学校のIT化が進んでいない場合、ITスキルが乏しいと思われ懸念されてしまうこともあります。

数字への意識やITスキルの高い人は積極的にアピールする事をオススメします。

教員を辞めたい理由は多忙であることが多い

辞めたい理由の中で一番多いのは多忙であることです。

中学・高校の教員は、部活動の顧問をしている場合、朝練や授業後の練習のほか、土日に練習や試合・大会があり、拘束時間がかなり長くなってしまいます。

それ以外にも、授業の準備や事務作業、学校行事に向けての作業などもあります。

とにかく業務量が多いため、家族との時間を作ったり、気持ち的な休息を取ることが難しく、多忙が退職の一番の理由です。

それではそんな教員の方がより効率的に失敗することなく転職するための方法について紹介します。

教員から転職を後悔なく成功させるコツ1.転職エージェントを使う

教員から転職を後悔なく成功させるコツは、転職エージェントを使うことです。

転職エージェントでは、担当のキャリアコンサルタントが自分に合った条件や要望を踏まえて紹介をしてくれます。

また、転職サイトには公開されていない会社の求人情報なども持っています。転職ができた後に、ミスマッチがないようしっかりサポートしてくれるのでとても安心です。

ではどの転職エージェントが良いのでしょうか?

20代ならキミノミライがオススメ

キミノミライ 転職 上京

20代の場合転職エージェントの中でもオススメなのが、キミノミライです。

この人材会社ではキミノミライ

  • あなたに合った企業への転職
  • 東京でオススメな格安物件の紹介

など手厚いサービスを行います。

もし、現在教員から転職を希望していて理想としている会社が見つかっていない場合は下記より無料で相談してみてください。

無料で相談をしてみる

教員から転職を後悔なく成功させるコツ2.準備をできるだけ早めに行う

教員から転職を後悔なく成功させるコツ2つ目は、準備をできるだけ早めに行うことです。

教員は多忙ということもあり、早いうちから情報収集や転職エージェントに相談したり、転職先として考える場所のリサーチを行うことが重要です。

また、20代、30代前半であれば教員からでも転職できますが、40代に近づいてくるとそもそも転職出来なくなってしまうという現実があります。

採用ニーズがある若いうちに違う仕事に就くことが非常に重要だということです。

また転職先として希望する企業によっては、選考の対策をする必要もあります。準備をしっかりしていれば、採用に繋がる可能性も高まります。

教員から転職を後悔なく成功させるコツ3.退職をスムーズに進める

教員から転職を後悔なく成功させるコツ3つ目は、退職をスムーズに進めることです。

スムーズに進めるためには、退職することを管理職または校長に伝えましょう。

その後面談をし、退職に必要な書類を記入し提出します。年度末(3月末)で退職するのがベストタイミングです。

最低でも3ヶ月前くらいから退職にむけて動いていくことが極めて重要になります。

円満に退職するためにも、遅くても12月までに退職することを伝える必要があります。

教員から転職する場合は慎重に進めましょう

教員から転職する場合は慎重に進めていきましょう。教員の資格があり安定した公務員なので、辞めることを懸念する同僚や親もいます。

転職を成功させるために、教員と民間企業それぞれのメリット・デメリットを比較することも大切です。

転職エージェントに相談し、

  1. 応募
  2. 面接日程調整
  3. 交渉

などの手厚いサポートを利用して失敗リスクを無くしましょう。

無料で相談をしてみる

教員から転職!後悔なく成功させるための3つのコツを紹介まとめ

教員から転職する際に、後悔なく成功させるためのコツをお伝えしてきました。

  • ①転職エージェントを使う
  • ②準備をできるだけ早めに行う
  • ③退職をスムーズに進める。

この3つです。

転職を決めてから、早期に転職エージェントに相談し、活動開始と事前準備をすることが成功のカギとなります。

もし今すぐでなく将来的に転職しても良いかなとお考えの場合は一度ご相談ください。

また、あなたが20代後半の場合は下記の記事もあわせてお読みください。

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!