【2020年版】転職理由ランキングTOP9。面接の攻略方法も伝授!

目次 1. はじめに2. 転職理由ランキングTOP9一覧3. 転職理由ランキング1位.他にやりたい仕事がある4. 転職理由ランキング2位.会社の将来性が不安5. 転職理由ランキング3位.給料が不満5.1. 転職の相談は気軽にしてみるのがオススメ6. 転職理由ランキング4位.休日が少ない7. 転職理由ランキング5位.専門的な技術をつけたい8. 転職理由ランキング6位.幅広い経験を積みたい9. 転職理由ランキング7位.U・Iターンしたい9.1. 地方から都心(東京)に転職したい場合は?10. 転職理由ランキング8位.土日祝日に休みたい11. 転職理由ランキング9位.市場価値を上げたい12. 転職理由、面接ではこう答えよう12.1. 転職理由は本音を伝えることが重要13. 転職理由を自分で考えるのが難しい場合13.1. 転職ならキミノミライがオススメ14. 転職理由ランキング まとめ はじめに 海外では自分の考えで職場を変更することが普通になっていて、日本でも終身雇用制が少なくなる傾向にあり、転職が一般的になっています。 総務省の統計によりますと、2019年の転職者数は351万人と過去最多だったみたいで、より良い条件の仕事を探すために離職する人が増えているようです。 この記事を読めばあなたは 転職する人がどういったことを考えて転職しているのか 転職を失敗しないために面接はどう攻略すれば良いのか を知ることができます。 今後転職を考えられている場合、非常に参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください。 転職理由ランキングTOP9一覧 今回はDODAさんが持つ8万人の方のデータをまとめたランキングを参考にTOP9の転職理由について解説していきます。 仕事を変更するということは職場との関係や社会的な環境から簡単には実行できませんが、転職をやむを得ないという場合には前向きに進めていくしかありません。 離職をするには適切な転職理由が必要になるので、自分の意向を確認しておくことが大切になってきます。 転職を考えている人は理由を知ることで参考になると思いますので、ぜひご覧ください。 転職理由ランキング1位.他にやりたい仕事がある 転職理由ランキングの1位は他にやりたい仕事があるという理由です。 入社する前と入社した後でイメージしていたものと実際の勤務状況が異なっており、「他の仕事をやりたい。」と思う人はやはり多いようです。 しかし、やりがいを求めたけれども、単純な雑務ばかりの仕事でモチベーションが低下してしまったというケースもあります。 またやりたい仕事をして、今後自分の衣・食・住が充実できるような給料が得られるかどうかも重要なポイントになります。 転職してもそれが成功するか失敗するかどうか分からないのが転職です。失敗したくない場合は下記の記事も合わせてお読みください。 転職理由ランキング2位.会社の将来性が不安 転職理由のランキング2位は将来性が不安だという理由です。 日本には多くの職種があります。 その中には当然に成長分野で将来性が明るい種類もあれば、頭打ちになっていて成長性が懐疑的な分野もあるでしょう。 現在はコロナの影響で将来の見通しが立たないという会社も増えています。今後ますます未来が不安になるという企業は増えてくるでしょう。 実際に会社の状態が悪化すると自分にも影響を受けます。全体的な会社内の雰囲気で将来性に疑問を持っているという事もあるようです。 転職するのであれば、今後も恩恵を受けられるような業界を選択した方が良いですね。 転職理由ランキング3位.給料が不満 手取りが20万円弱でその中の残業代が7万円。つまり残業をしなければ生活が非常に厳しいというケース。 そういった方々は残業を続けるのに体が持たず、より良い条件の会社に転職するというケースが多いみたいです。 そのために給料の金額というのはそこで勤務を継続する上でも重大な要素にあり、給料に対して不満を感じていれば素直に転職理由にしても大丈夫です。 ランキングでは最上位にあってもおかしくない転職理由で相手側も理解を示してくれますが、高い給料を得たいのであれば努力することを求められる場合もあるので、ランキングとしてはこの位置にあります。 転職の相談は気軽にしてみるのがオススメ 職場を変えるというのは一見大変そうに見えますが、転職エージェントやサイトなどに登録するだけで、情報を得ることができます。 どのような求人があるか どのような経歴があれば応募できるのか 退職するときにはどんな進め方をするのか など適切な対処の仕方がわかります。 株式会社キミノミライでは 「会社との退職交渉をどうするのか」 「保険や年金の仕組みについて分からない。」 といった悩みについても相談に乗っています。 また、キャリアアドバイザーからのサポートが受けられるというのもメリットです。 下記より気軽に相談することが可能ですのでぜひご検討ください。 無料で相談をしてみる 転職理由ランキング4位.休日が少ない 企業では法律に則って適切に休日や労働時間を設定していますが、業務内容によっては休日を返上しなければ対応できない場合もあります。 また休日に出勤してもその分のお給料が支払われていないというケースもあります。 これは会社にいればある程度は業務の流れが把握できるので了承しなければいけないと考える人もいますが、 休日というのは人間が生活をする中でとても大切になっているので、本人が少ないと感じたら転職理由にしてもいいでしょう。 また、労働基準法では 原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。 出展:厚生労働省 と決まっていますので、これを無視して働き続けるのは問題があると考えられます。 休日がしっかりと確保出来る仕事に就いた方がいいですね。 転職理由ランキング5位.専門的な技術をつけたい 今やっている単純作業の仕事を数年続けていても、専門的な技術がつかない。という理由で転職される方も多いようです。 専門的な技術(スキル)を持っていると高い給料を貰えたり、責任のある仕事が行えてやりがいもあるので、転職を考える場合にはよくランキングされています。 会社ではこのスキルについて与えたくてもできないケースがあるので、どうしても習得できないのであれば与えてくれる別会社を目指すことも、向上心と見てくれて転職理由になります。 転職理由ランキング6位.幅広い経験を積みたい 今の仕事では経験できないような幅広い経験を積みたいという理由で、転職される方も中にはおられます。 人間は多くの経験を積むことで自分を成長できます。同じ環境にいるとそこまで多くの経験を得ることは難しいです。 幅広い経験を積むことで、よりスキルが活かされることもあります。 もし、異業種への転職を考えているという場合は下記の記事も読んでみてください。 同じ環境は居心地がいいのは間違いありませんが、自分の将来性を考慮してまた違った環境で自分を鍛えたいという理由はポジティブな転職理由といえるでしょう。 転職理由ランキング7位.U・Iターンしたい 近年の転職理由ランキングで増えてきたのが地方への移住を希望するというものです。 「Uターン就職」とは、地方で生まれ育った人が都会の学校に進み、その卒業後に故郷に戻って就職することです。 「Iターン転職」とは、都会に生まれ育ち、都心で就職した後、地方に移住して働くことを指します。 Uターンは家族の関係もあり認めやすくなっていて、Iターンも本人の意思を尊重するという意味から強い反対は受けにくくなっています。 別の場所で暮らすというのは、それまでに得られない貴重な体験を得られる有効な方法です。 地方から都心(東京)に転職したい場合は? 上京して仕事をしようとする人におすすめなのは、人材紹介事業を行う会社「キミノミライ」です。 IT企業だけではなく、看護師などの専門職や事務職にも強い会社です。 都会には求人があり過ぎて、その中で給与が高く自分に合った仕事や職場を見つけるのは困難なことです。 まず地理や交通網がわからないので、東京といえどもどの地域で探せばよいかもわかりません。 しかしそのような人たちをサポートするのが「株式会社キミノミライ」です。 もし東京に行きたいけれども仕事が見つかっていないという場合は下記のボタンを押して、相談してみてください。 無料で相談をしてみる 転職理由ランキング8位.土日祝日に休みたい … Continue reading 【2020年版】転職理由ランキングTOP9。面接の攻略方法も伝授!