色々な暮らし方

色々な暮らし方

シェアハウスという選択肢

スーツケース1つで新生活

シェアハウスとは、一つ屋根の下で共同生活を送るところです。それぞれのプライベート空間(個室)を確保しながら、リビングやキッチン、トイレやお風呂などの共有スペースは共同で使います。

多くの場合、シェアハウスには予め生活に必要な物が揃っています。


・家電類
冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・洗濯機・掃除機など
・食器類
食器棚・食器・調理器具など
・家具
テーブル・椅子・ベッドなど

物件によって揃っているものが異なるので、シェアハウスを候補に入れる場合は、自分に必要なものがあるか確認しておきましょう。

このように、「家具・家電を揃えるコスト」を抑えられるのがシェアハウスのメリットのひとつです。

シェアハウスと一人暮らしの比較

初期費用の比較

賃貸の場合の初期費用は、初月家賃に加え、敷金、礼金、仲介手数料、家具家電の購入費など、様々な費用が掛かります。

一方、シェアハウスの場合は初月家賃と保証金以外は自分で必要な家具・架電のみなので、初期費用は10万円も掛かりません。

このように自分で家を借りるよりもシェアハウスで暮らす方が初期コストを抑えて上京することができます。

 

自分の生活スタイルから考えてみよう

はじめから友達がいる暮らし

同居人がいることで、一人で上京してきて友達がいないといった悩みも解消することができます。一人暮らしでは得られない人脈を作れるのもメリットのひとつで、明るい家に帰りたい人にもオススメです。

家賃が安いのに大都市に住める

憧れの都心エリアや、理想の条件の家に住むことができるというメリットもあります。

・オートロック
・バス、トイレ別
・独立洗面台
・家が新しい
・駅が近い
・2階以上の部屋

東京でこのような条件だと最低でも8万円以上しますが、シェアハウスだと3万円台から住める物件もあります。

 

まとめ

シェアハウスは集団での生活が苦じゃない人、人と会話するのが楽しいと感じる人に向いています。逆にプライベートは一人で静かに過ごす時間を多く持ちたいという人は一人暮らしがオススメです。

最近では共有部以外を普通のアパートのように生活できる「シェアアパート」も増えています。一人暮らしとシェアハウスのちょうど間くらいの暮らし方です。

あなたに合った暮らし方はどれですか?自身の生活スタイルを見つめ直して、自分に合った暮らし方を考えてみましょう。

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!