契約社員と正社員は雇用期間が違います!その3つの違いについて

契約社員と正社員は雇用期間が違います!その3つの違いについて

契約社員と正社員は違いがあります

契約社員 正社員

契約社員と正社員には雇用期間や転勤の有無、副業の可否や給与など様々な点に違いがあります。

労働者の状況によっては契約社員として働く方が合っている場合もあるので、両者の違いをよく理解した上で仕事を選ぶとよいでしょう。

最近では様々な就労形態で働く人が増えています。

契約社員と正社員のいずれかにこだわるのではなく、自分に合った形態で働く事が大切です。

契約社員とは

契約社員とは企業と雇用期間を定めた労働契約を締結して働く社員の事で、期間が過ぎれば基本的に労働契約が終了します。

雇用期間を定めた労働契約は有期労働契約と呼ばれており、労働者と企業の間で合意があれば契約を更新する事も可能です。

正社員とは

正社員は企業と正規の雇用契約を締結している労働者の事で、雇用期間は定められていません。

法律上は正社員という単語が定義されているわけではなく、契約社員やパート・アルバイトなどの非正規社員と区別するために使われています。

契約社員と正社員の違い1.雇用期間

違い 雇用期間

正社員は雇用期間がありませんが、契約社員は一定の雇用期間が定められています。

実際の契約期間は企業によって異なりますが、半年や1年などとするケースが多く見られます。

労働契約法第18条によると同じ会社で5年を超えて契約更新を繰り返した場合、労働者からの申し入れがあれば無期労働契約に転換する事が可能となっています。

契約社員と正社員の違い2.転勤があるかないか

違い 転勤

契約社員の場合は基本的に転勤の可能性はありませんが、正社員になると転勤になる可能性があります。

社員の育成や適材適所への人材配置を目的として、転勤を命じるケースも多く見られます。

正社員が転勤となる場合、単身赴任などで家族と離れて暮らす事もあります。

会社の就業規則に転勤がある事が記載されていれば、基本的に転勤命令を拒否する事ができないので注意が必要です。

契約社員と正社員の違い3.副業できるか

違い 他で働けるか

正社員の場合は就業規則で副業を禁止しているケースが一般的ですが、契約社員の副業については企業によって扱いが異なります。

副業を禁止している場合は就業規則に記載されているので確認するとよいでしょう。

稀に正社員でも副業が可能な企業もありますが、トラブルを避けるためには事前の確認が重要です。

契約社員のメリット1.正社員に近い給与を得られる

契約社員 メリット

契約社員は正社員に近い給与を得る事ができるというメリットがあります。

ただし実際の給与やボーナスは正社員の方が恵まれています。

年齢や能力、実績などが査定されて昇給する機会もあるのが正社員の魅力です。

契約社員は自分のペースで働き正社員に近い給与を得る事ができますが、より収入を増やしたいのであれば正社員になるのがおすすめです。

契約社員のメリット2.定時に業務を終了できる

契約社員 メリット

非正規の社員として働く場合は雇用契約ごとに条件が異なるため、時間を短縮して勤務する事が可能な場合があります。

早めに仕事を終わらせて子供を迎えに行きたい人や、何らかの事情で必ず定時で退勤したい人には非正規の社員として働くのがおすすめです。

残業があってもより多くの収入を得たい場合には正規の仕事を選ぶとよいでしょう。

契約社員のメリット3.転勤を命じられない

契約社員 メリット

非正規の社員は基本的に転勤を命じられる事がないので、単身赴任などをする必要がありません。

契約期間中は自宅のある地域で働き続ける事ができます。

非正規の社員は転勤がないだけでなく時間を短縮して勤務する事も可能です。

プライベートの時間を大切にしたいのであれば、非正規の仕事を選ぶとよいでしょう。

正規の仕事を選んだ場合よりも、自分の時間を充実させる事ができます。

契約社員のデメリット1.雇用期間が限られている

契約社員 デメリット

非正規の社員の場合、雇用期間が限られているため長期的に安定して働き続けるのが難しいというデメリットがあります。

確かに雇用期間は更新する事も可能ですが、数回更新したものの次回の更新を拒否されるケースも見られます。

契約更新の時期が近づいてきたら、新しい仕事を探すなど事前の対策を講じる事が重要です。

長期的に安定して働き続けたいのであれば、正社員の仕事を選ぶとよいでしょう。

契約社員のデメリット2.住宅ローンが通りにくい

契約社員 デメリット

住宅ローンの審査では収入や年齢などの他にも雇用形態や勤続年数、勤務先などの確認が行われます。

特に雇用形態が重視されており、非正規社員の場合は審査で不利になる可能性があります。

政府系金融機関やネット銀行などは非正規でも審査に通りやすいのでおすすめです。

教育ローンは通る可能性がある

非正規の社員の場合でも教育ローンの審査を通過する可能性はありますが、長期的なローンを組むのは難しくなります。

1年程度で教育ローンを完済するのが一般的です。

契約社員と正社員の違いを理解した上で働く事が大切

違い 理解した上で働く

契約社員と正社員にはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあるので、違いを十分理解した上で働く事が大切です。

自分のペースに合わせて無理なく働きたいのであれば契約社員がおすすめですが、より多くの収入を得ながら安定して働き続けたい場合は正社員を選ぶとよいでしょう。

非正規社員には基本的に転勤がないというメリットもあります。

契約社員から正社員になりたい場合は?

契約社員 正社員

非正規の社員から正規の社員になりたいのであれば、働いている会社に登用制度があるか確認するとよいでしょう。

また制度がある場合には登用実績についても詳しく確認してください。

制度があっても評価基準が厳しかったり試験が難しく、正規の社員になるのが難しい場合もあります。

正規の社員に登用された場合の給料や待遇、仕事内容などについても確認しておく事をおすすめします。

登用制度を利用して正規の職員になるのが難しかったり登用後の待遇などに問題がある場合は、他社への転職を目指すのも1つの方法です。

契約社員から正社員になるには転職エージェントを活用しよう。

キミノミライ 転職 上京

契約社員から正社員になりたい。と思っている方も実際に何が必要なのか。どういった手順で就職(転職)できるのかについて分からないことが多いと思います。

そこで転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを使うことで、

  • 「会社との退職交渉をどうするのか」
  • 「保険や年金の仕組みについて分からない。」

といった悩みを解決することが出来ます。

20代の場合ですと、転職エージェントのキミノミライがオススメです。

もしあなたが転職(就職)した経験が無くても、給料UP出来る求人がたくさんあります。

キミノミライではあなた自身の価値に対して、企業目線で上手に売り込んでくれ、内定が出るまでサポートしてくれる。というメリットがあります。

少しでも契約社員から正社員になりたいと考えている場合はコチラよりお問い合わせください。

転職する場合は地方から上京がオススメ

地方 東京転職

東京は地方よりも求人の数が多いので、契約社員から正社員になりやすい場所と言えます。

また地方と比較して東京で働くことは収入UPに繋がります。

あるデータによると年間で約111万円の収入格差があると言われています。つまり東京の方が約10万円ほど月収が高くなるということです。

ただ東京で就職活動を行うとなると、費用が多くかかったり、どのように転職先を探せばいいのか分からないという問題があると思います。

上京転職エージェントのキミノミライがおすすめ

そんな時はキミノミライに無料で相談してみることがオススメです。

契約社員から正社員になる場合でも、転職のサポートはもちろん住居のサポートを行います。

今よりも良い環境で働きたいけれど、その方法が分からないという場合は一度お問い合わせください。

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!