大学中退してフリーターでも就職出来る!3つのコツについて(2020年最新版) 

大学中退してフリーターでも就職出来る!3つのコツについて(2020年最新版) 

大学中退してフリーダーでも就職できます

就職氷河期と呼ばれている現代では、大学を中退してフリーターだと就職が難しいと言われています。

もちろん大学を卒業した人よりは就職の幅が狭くなりますが、決して就職するのが不可能なわけではありません。

最も一般的な方法は、ハローワークに行って正社員の募集をしている企業から採用してもらう方法ですが、他にも色々な手段があります。

しかし、必ずしもすぐ就職できるとは限らないので、未経験でも働きやすいフリーターも選択肢の1つとなります。

他にも別の大学に入学し直すという方法も可能です。

大学中退をしてフリーターが長い場合は注意が必要

大学中退 フリーター 長い

大学を中退し、5年間ほどフリーターとして働いていた場合、正社員として就職するのが難しくなります。

なぜならフリーターとして働いていた期間が長いということは、それだけ年齢を重ねているからです。

ただし、アルバイトで得た経験を活かせる職業であれば、それほど不利になるわけではありません。

大学中退してフリーターから就職する方法1.就職活動を行う

大学中退 就職活動

大学を中退した後に就職する方法としては就職活動があります。

就職活動はハローワークに行って職探しを行う方法と、雑誌やインターネットの求人を見て応募する2種類の方法に大きく分けられます。

ハローワークであれば日本全国の求人が探せますし、職員がいろいろとサポートしてくれるので探しやすいでしょう。

インターネットや求人雑誌の場合には、あまり募集していない業種の仕事も出ていることがあります。

ただし、全て自分だけで行わなければいけないということが面倒な部分としてあります。

大学中退した後に就職する方法2.転職エージェントに相談する

大学中退 転職エージェント

現在は転職エージェントと呼ばれている人がおり、気軽に転職について相談できるサービスがあります。

大学に限らず、中退したので就職が難しいなどの相談にも気軽に無料で応じてくれます。

なかなか仕事が決まらない場合には、インターネットから簡単に探せるので、相談の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

無料で相談に応じてくれるので安心です。

大学中退の方のオススメ転職エージェント

キミノミライ 転職 上京

転職エージェントにもたくさんの種類があります。

その中でもオススメなのは、20代に特化して紹介を行っている株式会社キミノミライです。

もしあなたが就職を行った経験が無くても、給料UP出来る求人がたくさんあります。

また、キミノミライではあなた自身の価値に対して、企業目線で上手に売り込んでくれ、内定が出るまでサポートしてくれる。というメリットがあります。

大学中退をしている場合に「少しでも良い会社に入りたい。」「大卒の方と同じレベルのところに就職したい。」と思っている場合は下記のボタンをチェックしてみてください!

無料で転職の相談をしてみる

大学中退した後に就職する方法3.大学に戻る

大学中退 大学に戻る

大学を中退した場合、同じ大学に戻ることはできません。ただし、中退しても別の大学に入学することは可能です。

もちろん1年生から再びやり直すことになるので、学費は多く必要になります。

大学中退では大卒ではなく高卒となりますが、卒業しておけば大卒を名乗れるので、多少年齢を重ねていても有利になるでしょう。

このような方法があることを知っておくべきです。

大学中退して高卒で働くのは大変

大学中退 働く大変

仕事によっては大卒でなければ就職できないこともあります。

特に新卒の場合には、学歴が重要視されることもあるので、高卒の場合には大卒の人に比べて採用率が低くなるでしょう。

フリーターであるということが有利に働くケースは極めて少ないです。

大学に行かないと取得できない資格もあるので、もし自分が働いてみたい仕事に資格が必要な場合や、大卒でなければ難しい場合には、もう1度進学することを検討しておくべきです。

しかも大学を中退してしまうと、就職したときもすぐに辞めてしまうのではと思われることもあります。

できれば中退を決める前に、もう1度冷静になって考え直してみましょう。

大学中退でフリーターでも就職は可能

大学中退 就職可能

しかし、たとえ大学を中退したとしても、就職が絶対にできなくなることはありません。

ただし、卒業した人よりは不利になるので、いろいろな人にサポートをしてもらうのがおすすめです。

例えば転職エージェントに相談をするハローワークの就職相談を受けるなどがあります。

特に重要視されるのは、面接対策だと言っても過言ではありません。

そのため、模擬面接を行ってくれる転職エージェントを探して相談することで、より就職しやすくなります。

履歴書や職務経歴書の書き方もしっかりと勉強しておきましょう。

また、そもそも働く環境が厳しすぎて一度仕事を辞めてしまったという場合は下記の記事も一度読み、やりがいをもって働く方法を知っておいてください!

なぜ中退したのか面談で聞かれることも

中退 面談

就職をするときには、必ず面接を行います。

面接では会社の説明だけではなく、応募者のことについてもいろいろと聞かれます。

例えばこの会社を選んだ理由、長所と短所などが多いですが、大学を中退していれば、なぜ辞めたのかも高確率で聞かれると思って間違いありません。

なぜなら会社というのは長い期間同じところで働いてもらいたいので、すぐに辞めそうな人は不採用にすることが多いのです。

もし聞かれた場合には、ネガティブな部分を避けた上で事実を伝えるようにしましょう。

大学中退した後に書く履歴書

大学中退 履歴書

就職をするには必ず面接のときに履歴書を持参するように指示されます。

大学を卒業していない場合、当然卒業とは書けないので、大学中退と記載するのが一般的です。

可能であれば家庭の事情により中退など、途中で辞めた理由を記載しておくとよいでしょう。

もちろんどのような理由であっても書いてよいわけではありません。

退職届のように、一身上の都合で辞めたなどと書いては印象が悪くなります。

やむを得ない事情がある場合のみ記載するのがおすすめです。

高卒でも就職先を見つけてくれるのがキミノミライ

キミノミライ 転職 上京

高卒でも働ける仕事はたくさんありますが、大卒に比べたら幅が狭くなります。

できる対策としてはできる限り早く就職を決めることです。

もしくは就職に有利になる資格を取得するか、転職支援サービスを受けるのがよいでしょう。

転職支援サービスですと、20代に特化してサポートをしているキミノミライがオススメですので、下記よりご連絡ください。

無料で転職の相談をしてみる

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!