看護師辞めてよかったこと3選|その後転職で成功するには?(2020年最新版)

看護師辞めてよかったこと3選|その後転職で成功するには?(2020年最新版)

はじめに

現在看護師として働いている場合、

  • しんどくて看護師をやめたい
  • もう少し融通が効く職種で働きたい

と思っている方もおられるかもしれません。

2020年7月現在では新型ウイルスの影響で、看護師に多くの負担がかかり日本看護協会からも看護師のワークライフバランスについて新しく提唱されました。

看護師になったけれども、

「苦労して看護師になったのに他の仕事に就いたら収入が下がってしまうんじゃないか。」「そもそも仕事がないんじゃないか。」と思われている方もおられるかもしれません。

結論からお伝えすると看護師を辞めても他に転職することは可能です。

今回は看護師を実際に辞めてよかった。という方のリアルな声をお届けします。

参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください!

看護師辞めてよかった点1.体力的な負担が減った

看護師辞めてよかった点1.体力的な負担が減った

看護師の仕事は日勤のみならず夜勤があったり、早番・遅番のシフトがあることは少なくありません。

仮眠をすることにはなっていたとしても、なかなかその通りには行かないことも多いものです。

仕事に追われるような生活では十分な体力の回復が出来ず、思わず逃げたいと思う人もいるでしょう。

仕事内容にやりがいを感じていたとしても、体を壊してしまっては本末転倒と言えます。

このように体力的な面で看護師を辞めてよかったと思う人は多いです。

看護師辞めてよかった点2.土日が休みになった

看護師辞めてよかった点2.土日が休みになった

一般企業に勤めている友人はみな土日祝日が休みなのに、看護職の自分だけ休みが合わず寂しいという人もいるでしょう。

そのような状況も、仕事に明け暮れる毎日に耐えられず看護師の仕事から逃げたいと思うようになるポイントの1つです。

看護師を辞めた人が良かったと思うことが多い点には、このように土日や祝日が休みになったということが挙げられます。

友人や家族と過ごす時間が増え、プライベートが充実することになります。

看護師の方々は土日の休みがないことを割り切っている方も

看護師になる前に土日の休みがないことは分かって就職しています。

ですので、そのことを割り切って楽しんでいる方もいます。

しかし、実際子供が生まれ子育てをすることを考えると土日が休みでないことは非常に厳しいという声もありました。

看護師辞めてよかった点3.人間関係のトラブルが減った

看護師辞めてよかった点3.人間関係のトラブルが減った

上下関係が厳しいことも多い看護師の職場では、人間関係で悩む人も少なくありません。女性が多いため職場によっては派閥があり、気疲れを感じることも多いものです。

看護師を辞めると、そのような思わず逃げたいと思ってしまうようなストレスが多い人間関係から離れられる可能性があります。

もちろんどのような職場であっても多少は人間関係のトラブルはあるものですが、思わず逃げたいと感じるほどのトラブルは減る場合が多いでしょう。

看護師を辞めても培った能力は他で活かすことができる

現在看護師として働いている場合、 しんどくて看護師をやめたい もう少し融通が効く職種で働きたい と思っている方もおられるかもしれません。 「苦労して看護師になったのに他の仕事に就いたら収入が下がってしまうんじゃないか。」「そもそも仕事がないんじゃないか。」と思われている方もおられるかもしれません。 結論からお伝えすると看護師を辞めても他に転職することは可能です。

看護師という仕事を経験して身に着けることが出来た能力はコミュニケーション力だ、という人は多くいます。

患者さんとのやりとりや、同僚・上司などとの間で逃げたいと思うほど揉まれただけあって、看護師を経験していた人は今まで培ってきた対人スキルをそのまま生かすことができる場合が多いのではないでしょうか?

多くの人と接する仕事である販売員やエステティシャン、介護士などにも転身しやすいです。

看護師を辞めた後は事務や営業に転職する人が多い

かつて看護師をしていたという人の転職先にも人それぞれ様々な職種がありますが、一般事務や営業事務などの事務系の仕事に就く人も少なくありません。

また営業の仕事に就く人も多くいます。デスクワークであっても、事務という仕事は案外コミュニケーション力が求められる仕事です。

逃げたいほど看護師として頑張っていた人には、仕事をこなす上で「人と円滑にやり取りする能力」が自然と身についていることがあります。こうしたコミュニケーション能力を営業や事務の仕事に転職しても役に立つでしょう。

看護師を辞めて未経験職種に転職する人も

現在の仕事から逃げたいとは思っても、それまで看護師しかしたことがないため「自分にどのような仕事ができるのか」と不安に思う人もいますが、同時に転職先として未経験の職種を選ぶ人も多くいます。

医療機器メーカーや製薬会社の営業などは、それまでに培った経験を活かせる可能性があり、その他の医薬品の開発に関わるメディカル系の専門職に転職できることもあります。

介護士やケアマネージャーの職も考えられます。

看護師を辞めてよかったという声

実際にSNSを見たところ、「看護師を辞めてよかった。」という声は多くありました。

看護師を辞めたいと思っている方はかなりの数おられますが、実際にその思いを声に出すことが出来ていないのかもしれませんね。

次の章では実際にどのように看護師を辞めて転職するのかについて書いていきます。

看護師を辞める前にエージェントに相談するのがオススメ

看護師を辞める前にエージェントに相談するのがオススメ

看護師の仕事から逃げたいと思っているときには、思わず衝動的に辞めてしまいたくなることもあるかも知れません。

しかし、辞表を出す前にまずエージェントに相談をしてみてはいかがでしょうか。退職後の仕事さえ決まっていれば、その後の心配をせずに辞めることができるため、辞める判断をする場合にも安心して決断することができます。

転職を応援しているエージェントが手掛ける転職イベントに参加してみるのも情報を集める方法の1つです。

キャリアを大切にしつつ良い転職をする方法を見つけられるでしょう。

20代ならキミノミライがおすすめ

新しい環境に飛び込んでみたいと考えている20代の人には、キミノミライという就職・転職サービスの利用をぜひご検討ください。

キミノミライは特に地方からの上京や転職をサポートしているのが特徴で、地方在住の人のために都内での仕事と住居の提供をしてくれます。

仕事と住居を同時にマッチングしているので、無理なく上京を計画することができ、職業の選択肢も地方在住よりも多くなるのが魅力です。

看護師の方向けに他業種の仕事を紹介することも可能ですし、今すぐに転職を希望している人はもちろんですが、転職を将来的に考えているという人にもおすすめです。

また

  • 「会社との退職交渉をどうするのか」
  • 「保険や年金の仕組みについて分からない。」

といった悩みについても相談に乗っています。

また、キャリアアドバイザーからのサポートが受けられるというのもメリットです。

コチラのフォームより入力して頂き電話で相談することも可能ですのでぜひご検討ください。

看護師を辞めてよかったことまとめ

シフトが不規則で日勤だけでなく夜勤もある看護師を辞めたときには、

  • 体力的な負担が減らすことができたり
  • 土日が休みになる
  • 人間関係のトラブルで悩まされる事も少なくなって良かった

と思う人が多くいます。

地方在住の場合には仕事の選択肢が無いため、逃げたいけれど逃げられないと思う人もいるかも知れません。

そのようなときには仕事の選択肢が豊富に広がるような転職エージェントを利用してみるのも1つの方法です。

もし興味がある場合はコチラの相談窓口より入力して頂き電話で相談することも可能ですのでぜひご検討ください。

また看護師を辞めるという決断が出来ていない場合は下記の記事も合わせてお読みください。

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!