東京が冷たいと言われるのはなぜ?その理由と上手く生活するポイント3つを解説【2020年最新版】

東京が冷たいと言われるのはなぜ?その理由と上手く生活するポイント3つを解説【2020年最新版】

東京人が冷たいと言われる理由

東京の人は冷たいと言われてることが多いです。

しかし人情味に欠ける人が多いわけではありません。まずふだん方言を使って生活している人にとって標準語は、改まった場で使うものであり、人との距離をあける働きをします。

東京人が普通に話しているつもりでも、相手が心理的な距離を感じてしまうケースが多く見られます。

また東京では公共の場で、知らない人に挨拶をしたり話しかけたりしないのが一般的なマナーになっています。

これを知らない人が話しかけて、反応が帰ってこずに、冷たい人だと解釈することがあります。

東京が冷たく感じる瞬間

東京人が冷たいと思う瞬間の代表格は、困っていても誰も助けてくれないときです。

例えば

  • 道を聞いても無視される
  • すぐ舌打ちをする
  • 基本は見て見ぬフリ

ということは日常茶飯事です。

荷物で両手がふさがったまま転んでしまってもみんな見て見ぬ振りをするケースや、道を訊くために話しかけても誰も立ち止まってくれないケースは多くの人が経験があるでしょう。

他には同じマンションの人に挨拶をしても無反応だったり、少し歩くのが遅いだけで後ろの人に舌打ちをされたりするのもよく聞くエピソードです。

さらに会話の内容はしっかりしているのに相手が無表情で冷たいと感じた、という声もあります。

人口が多いがゆえに誰かが助けてくれるだろう。と思い、結果誰も助けないと言ったことが起こっているのでしょう。

東京が冷たいと感じている人の声

実際にSNSでは東京が冷たいと感じているリアルな声があります。

とても共感できる内容だと思います。

東京=仕事 という前提で東京に来ている人が多いので、田舎と比べて冷たいのはある程度仕方ないのかもしれません。

冷たい東京で上手く生活するポイント3つ

冷たい東京で生活

地方出身者が移ってくると、最初は冷たく感じることも多い東京ですが、工夫次第で快適に生活することも可能です。

標準語が冷たいと感じる人は自分も標準語を話すようにすると、徐々に慣れて冷たく感じなくなります。また近所付き合いの習慣などは東京都内でも地域によって違いがあります。

ですから近所付き合いが密な地域を選んで住めば、心のこもったコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

さらに習い事の教室やサークルなど、参加者が会話するのが当然、という環境に身を置けば血の通った会話がしやすくなります。

冷たい東京で上手く生活するポイント1.東京のなかでも下町に住んでみる

東京で密なコミュニケーションをとりたいならば、下町に住むのがおすすめです。

下町は人が協力して生活する文化が根付いていますし、明るい人が多いです。

賑わいのある商店街の近くに住めば、毎日の買い物や食事をするときに会話を楽しむこともできます。惣菜店でおかずを買っていればお店の人はあなたの好みを覚えてくれますし、おまけをつけてくれることもあります。

会話を始めるきっかけは豊富にありますし、話しやすい雰囲気もあるから安心です。

東京は冷たい、というイメージを払拭するのに最適な場所です。

また、そもそも上京する際にお金がかかったりするのが多いのも東京です。

より効率的に東京へ上京したいと考えている場合は「地方から東京に転職する際の注意点3つ|これだけは知っておいてください!」も合わせてお読みください。

冷たい東京で上手く生活するポイント2.東京には地方出身者も多いことを理解する

東京の人とひとくくりにいっても色々な人がいます。

子供の頃から東京に住んでいる人もいれば、進学や就職のタイミングで東京に出てきた人もいるでしょう。

ですから一見すると冷たい人に見える感じる東京人の中にも、地方出身者が多くいます。その人たちも、かつては出身地とは違う文化の東京に戸惑い、そして馴染もうとした人たちです。

必要以上に他人と関わらないのをよしとする東京のマナーにしたがっているだけで、あなたの気持ちを理解する下地のある人たちといえます。

きっかけ次第で打ち解けられる可能性があるでしょう。

冷たい東京で上手く生活するポイント3.人間関係は広く築くことが大切

東京には人が多いので、深い人間関係を築かなくてもいいのかなと思います。言い換えれば、深入りしないということですね。

人口の多い東京ですから、行く先が増えれば出会う人も増えます。特に東京にはさまざまな職業、考え方の違う人がいます。

いろいろな価値観に出会えることが東京の魅力でもあるので、東京は冷たいなと思うのではなく、たくさんの人と出会うことを心掛けましょう。

新しく上京を考えている場合にオススメのサービス

上京 サービス

日本に数多くある都市の中で、東京は移住のハードルが高いところだと考えられています。

これから新たなに上京を考えていて、失敗をしたくない場合は移住前に上京転職支援サービスを利用して、準備をするのがおすすめです。

新しい環境に不安を感じている人はサービスを利用することで克服することが出来ます。

上京支援サービスはキミノミライがオススメ

キミノミライ 転職 上京

数ある上京支援サポート企業のなかでも、おすすめなのは株式会社キミノミライが展開する”東京みらいクルー”です。

東京に上京を考えている方を対象にサポートをします。

株式会社キミノミライが提供する”東京みらいクルー”は、東京での就職意欲が高い地方の若者に上京して就職の機会を与えることをコンセプトに誕生しました。

興味がある場合はコチラよりお問い合わせください。

住まいだけでなく転職もサポートしてくれます

キミノミライでは住まいだけでなく、住まいと転職のどちらもサポートします。

東京といっても特徴の違う街が数多くありますが、あなたの希望に沿った物件を紹介させてもらいます。

求人紹介の内容もあなたにあったものを紹介しますし、 転職者向けの求人も多いので、転職のタイミングで上京したい人のぴったりです。

東京が冷たいと言われる理由 まとめ

いかがでしたか?

東京が冷たいと言われる主な理由は、標準語の使用とマナーが原因しているといえるでしょう。 都心でなくても、東京の中でも下町に住むことが可能です。

住まいや仕事について不安がある場合はぜひコチラよりお問い合わせ頂き、上京をサポートしてくれるサービスを利用してみてくださいね!

また、田舎には仕事がないので、東京に上京することを考えている場合は下記の記事も合わせて読んで見てください。

https://blog.kimino.co.jp/single-life/suburb/

お気軽にご相談ください

上京や転職に関してのお悩み・不安をご相談ください。無料で丁寧なカウンセリングとアドバイスをいたします!