「上京」の検索結果 66件

1/7ページ

上京の費用(資金)を20万円節約する3つの方法【2020年最新版】

上京の費用(資金)は約50万円 上京する際には、まとまった費用(資金)が必要になります。 新しい家を借りる必要もありますし、家具や家電、日用品などを新しく揃えなければいけないことも多いです。 家を借りるためには家賃だけではなく、敷金・礼金・仲介手数料なども用意しなければなりません。 意外と高額になってしまうことも多くあります。また、引っ越し費用なども発生します。引っ越し費用は時期によっても変動しますが、引っ越しが多い4月だと割高になります。 そういった上京に必要な費用を合わせると、最低でも約50万円ほどはかかるでしょう。 余裕を持つのであれば、100万円弱用意しておいても良いかもしれません。 上京した際に契約にかかる費用 無料で相談をしてみる 東京都には現在1400万人ほどの人が済んでおり、自宅を探すのにも一苦労します。 実際、アパートやマンション等の賃貸物件を借りる場合には、大体家賃の6倍程度の初期費用は見ておいたほうが良いでしょう。 敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料・敷金と礼金は、家賃の1か月分か2か月分になります。仲介手数料は不動産会社によって異なります。 ※家賃に対する初期費用の目安については下の図のようになります。 家賃 初期費用目安 5万円 約57万円~58万円 6万円 約61万円~62万円 7万円 約66万円~67万円 8万円 約70万円~71万円 9万円 約75万円~76万円 10万円 約79万円~80万円 12万円 約88万円~89万円 15万円 約102万円~103万円 それから月の途中で入居する場合には、家賃は日割りで計算されることが多いです。 通常の賃貸物件では保証人をたてる必要がありますが、保証会社を利用する場合もあります。 その場合には保証会社に支払う費用も生じます。 上京後に必要な生活用品にかかる費用の実際 上京した家に必要なモノを挙げると、まず冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・炊飯器などの家電があります。 (洗濯機を置かずにコインランドリーを利用する人もいます。) 洗濯機が約2万円、冷蔵庫が約3万円、テレビが約2万円だと仮定しても7万円程度が必要になってくることが分かると思います。 炊飯器も土鍋を使ってご飯を炊いたり、全く料理をしないのでいらないという場合もあります。 それからベッドやテーブル等の家具も必要ですが、ソファ代わりにもなるソファベッドを使用する人もいます。 敷金礼金のかからない家に住んで節約 賃貸物件の中には、数が少ないですが敷金礼金のかからない物件もあります。 上京する際に、住む家の敷金や礼金がないと大分初期費用を抑えることができます。 引っ越しする費用は時期によって変わる 上京する際にかかる費用では、引っ越し費用も大きなウェイトを占めています。引っ越し費用は荷物の量と移動距離、引っ越し時期などで決まります。 一人暮らしであれば荷物の量はさほど多くはならないでしょう。引っ越しの多い時期は、進学や就職、転勤などが多い1月から4月にかけてです。 この時期の料金は、閑散期よりも大分高くなります。引っ越し時期を選べるのであれば、繁忙期を避けるようにしましょう。 上京費用(資金)を抑える3つの方法 上京後には、食費や日用品費など毎日の生活費がかかります。 生活に必要な物を買い揃えていると、あっという間に貯金が無くなってしまうこともあります。 このように上京にはけっこうな費用がかかりますが、工夫をして抑えることも可能です。 この3つの方法を実際に実行すれば10万円〜20万円の節約が出来ると思います。 参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください! 上京費用を抑える方法1.敷金礼金のかからない家を探す 賃貸物件の中には、数が少ないですが敷金礼金のかからない物件もあります。 上京する際に、住む家の敷金や礼金がないと大分初期費用を抑えることができます。 敷金・礼金だけでも家賃の2ヶ月分が相場ですので、家賃10万円ですと20万円ほど節約することが出来ます。 最近では敷金礼金がかからない物件も多くなっているので、そういった物件を中心に探すのもおすすめです。 上京費用を抑える方法2.引っ越しの時期をずらす 引っ越しの時期をずらすことも上京費用を抑えるためには必要になってきます。 先ほど引っ越しの多い時期は1月から4月というお話をしましたが、逆に5月から12月のタイミングであれば比較的安く引っ越すことが出来ます。 1月から4月であれば引っ越しの金額は約7万円から10万円程度です。 5月から12月であれば6万円程度になります。下記に簡単なグラフを用意しておきます。 距離 初期費用目安 ~500km 6万円~7万円 500km~ 8万円~9万円 ※目安として、大阪〜東京間が約500kmになります。福岡~東京の場合は1,000kmほどになります。 それから月の途中で入居する場合には、家賃は日割りで計算されることが多いです。 出典:引っ越し侍 上京費用を抑える方法3.生活スタイルを工夫する 上京して生活をしていく訳ですが、上京してからも生活費がかかってきます。 食費約3万円、衣服・日用品購入費用1.5万円、娯楽費2.5万円などが相場とされていますが、生活スタイルを見直すことで節約することは可能です。 そういった支援サービスを活用すると初期費用を節約できます。また、家具や家電を他の人から譲り受けたり、中古で安く揃えるのも費用を節約することにつながります。 生活で必要なモノに関しては『一人暮らしの準備で揃えたい生活用品6ジャンル。知っておきましょう!』の記事でも紹介していますので、合わせてお読みください。 今回は最後に転職エージェントで上京費用を軽減できるサービスを展開している企業があるのでします。 上京費用を節約できるエージェントを活用しよう 株式会社キミノミライは上京支援型の就職・転職支援サービスを展開しており、地方に住んでいて、上京して働きたいと思っている人を支援しています。 仕事を紹介するだけではなく、住まい探しの支援サービスも行っているのが特徴です。 上京する際に一番不安な点として仕事がまだ決まっていない状態で東京に来るのが怖い。という所があると思います。その点を解決します。 キミノミライでは敷金や礼金のない物件を紹介していますので、興味のある場合は下記より気軽に相談してみてください。 無料で相談をしてみる 上京するまでの流れについて 上京する前には就職や住まいを決めておく必要があります。 上京支援型の就職・転職支援サービスを利用すると、職探しと同時に住まい探しも行えます。 試験や面接を経て内定をもらったら、実際に引っ越しの準備を始めます。それまでに上京時にかかる費用は貯めておく必要があります。 具体的な流れとしては ①上京のための費用を貯める ②仕事とお部屋を探す ③引っ越す日程を決める ④引っ越し準備 ⑤新居に住み始める ⑥家具など必要なものを揃える ⑦転入手続きを行う ⑧東京での仕事を始める といった流れになります。 キミノミライを利用するメリットとしては、上京費用が節約できるだけでなく、②の仕事を探す部分に関してサポートしていることが非常に魅力的です。 上京の費用(資金)を節約しよう […]

上京支援サービスのオススメはここ!業者を選ぶ上での注意点も紹介 

動機としては東京への強い憧れをもっていたり、希望の東京の企業で就職に成功しても地方在住を命じられたりと色々です。 東京在住者と異なって、地方在住者は東京で就職活動に取り込もうとするのは相当な経済的出費が必須で成功の可能性もおぼつかない中で不安にさいなまれながら就職活動を果たさなければならないわけです。 そこで是非利用を検討してほしいのは、上京支援サービスになります。 上京支援サービスを利用するべき 上京支援サービスとは、地方にお住まいの方が東京で就職を希望するときの、電話やオンラインでの面談や就職先の紹介、あわせて住まい探しも支援してくれるというサービスです。 このような状況支援サポート企業は、とにかくすぐ上京したい、上京して就職するについての綿密な情報に接したい、などの場合に特におすすめです。 また希望だけが先にたって何から準備をすればいいのかわからない、こんなユーザーにも最適のサポートを提案してくれます。 上京支援に特化しているのがおすすめポイントです。 上京支援サービスを利用の流れ 上京支援サービスを利用するときの流れですが、まず希望するところに登録して本人確認の電話連絡をもらいます。 その後に担当者と面談して希望などをヒアリングしてもらいます。 そしていよいよ就職先の提案を受け面接などに移行し就職活動が本格化します。 担当者の支援も受けながら就職先が見つかれば、一人暮らしかシェアハウスか、住まいを探します。 新居も確保できればいよいよ東京に引っ越して新生活がスタートするのです。 上京支援サービスはキミノミライ 数ある上京支援サポート企業のなかでも、おすすめなのは株式会社キミノミライが展開している”東京みらいクルー”です。 株式会社キミノミライが提供する”東京みらいクルー”は、東京での就職意欲が高い地方の若者に上京して就職の機会を与えることをコンセプトに誕生しました。 興味がある場合はコチラよりお問い合わせください。 キミノミライでは住居費用も抑えることができる 株式会社キミノミライでは東京に出向くまでもなく、地方で頻繁に説明会を開催しています。 求職している方は旅費を削減できるので、就職活動に伴う余計なコストも大幅にカットできます。 今後上京する予定があり転職先がまだ決まっていない場合はコチラよりお問い合わせください。 上京支援サービスをつかうことで効率良く上京できる 地方在住者の方にとって東京を就業場所に選ぶというのは、経済面でも心理面でも大きな挑戦ですよね? 就職に成功してからの青写真を想像するよりは、色々なことが不安になって躊躇いを覚えることのほうが多いかもしれません。 その不安はもっともなことで、ある意味当然のことです。 上京支援サービスは就職活動中の生活の本拠を確保してくれるのでまず生活の基盤を得ることで不安を低減できると言えるでしょう。 ビジネスホテルを拠点に就職活動をするような状況では、費用も相当な額にのぼりますが、上京支援サポートを利用すれば滞在コストも大幅に削減することができるわけです。 上京先で仕事が決まっていなくても効率良く進めることが出来ます。 東京に上京することで収入アップも見込める 東京に上京することで収入UPも期待できます。 あるアンケートによると東京の平均年収と地方の平均年収を比べると、最大で東京の方が年収が111万円高いと言われています。 つまり、毎月10万近く収入に違いが出てくるということです。 東京には求人先がたくさんありますので、ぜひ興味がある場合はコチラよりお問い合わせください。 上京してからのイメージが曖昧でも大丈夫か とにかく上京することが先にあって、具体的にどのような業種を目標にしているか曖昧な場合はどうでしょうか? 年齢的には20代の若い年齢のユーザーには、この傾向が顕著で正社員未経験から正社員をめざして上京して就職をめざすという場合が典型的です。 (※もちろん現在正社員の方で転職という形で新しい就職先として東京の企業をえらんでいただくことは可能です。) 確かに業種などが曖昧ではエージェントでも仕事を紹介するのが難しいこともあります。 このように将来像が明確に意識化されていない方は、20代の転職支援に強い上京就職サービスに登録することをおすすめします。

転職で上京するメリット・デメリット3選|失敗しないためのポイント(2020年最新版)

はじめに 地方から東京へ転職したいと考えている人は昔からとてもたくさんいますが、実際に上京して仕事をするということ自体、想像もつかないという場合が非常に多いです。 また、東京で転職するときには、いったいどういう手段をとればいいのかが分からないという人も少なくありません。 ここでは地方から東京に上京して転職することのメリットとデメリットについて記述するとともに、転職をするときに成功させるためのコツについて紹介します。 転職で上京するメリット3選 すでに前述したように、地方から東京に上京して転職したいと考えている方は今でもたくさんいます。 それだけこの東京というところが全国的に人気のエリアだということができるでしょう。 しかし、地方から上京して転職するにはやはりメリットとデメリットがあるものです。 これらを正しく把握できている方はそれほど多くないというのが実状ではないでしょうか? これはかなり大切なことなので、ここではまず東京で転職することの3つのメリットを紹介します。 転職で上京するメリット1.給料のUPが期待できる 東京と地方とでは職業の格差というものが生じていることは否めません。 あるデータによると地方と東京では月収で約10万円の差が生まれています。 厚生労働省が発表した平成29年賃金構造基本統計調査によりますと 東京都の平均賃金が377万円 山形県の平均賃金は246万円 でした。 年間で約120万円。月間にすると約10万円の差が生まれていることが分かると思います。 だからこの収入面を何とかしようとして東京に出てくる人が増えたのです。 職業と収入の格差、この問題を解決させるためにも、チャンスに溢れた東京で夢がつかめるように上京転職の効果的な方法を知ることが必要になります。 転職で上京するメリット2.新たな出会いがある 上京転職をするメリットには給料がアップすることだけではありません。他にも新しい出会いを手に入れることも可能です。 やはり人は一人では生きて行けないという意味でも、こうした新たな出会いはものすごく大切な条件になります。 東京では本当に多種多様な人と知り合うことができるのです。 日本人だけではなく、東京には外国人を始め、いろんな地域から人が集まっています。 さまざまな考え方を持った人と知り合いになれることは、上京転職の大きな利点と言えるでしょう。 転職で上京するメリット3.有名スポットにすぐ行ける 東京には 東京タワー 渋谷や原宿 レインボーブリッジ など有名なスポットがたくさんあります。 東京では特に仕事が忙しいということもありますから、休日などにはどこか安らげる場所へ行って心を癒す時間も必要でしょう。 その点、東京には名スポットも多いですから便利です。 転職で上京するデメリット3選 地方から東京へ上京転職することは、先に述べたようなメリット以外にも多くの利点があります。 その一方でデメリットもあります。 これらのメリットやデメリットには人によって捉え方が異なりますので一概には言えることではないのですが、実際に上京転職をした人たちが語るデメリットで代表的なものをここでは挙げます。 転職で上京するデメリット1.満員電車がきつい 東京というエリアは誰でも知るようにマンモス都市です。 このエリアの中には本当にたくさんの人たちが暮らし、毎日生活をしています。仕事をするサラリーマンやOLも多く、朝晩の満員電車の風景はテレビなどでよく目にすることがあるでしょう。 東京の朝の通勤ラッシュは尋常ではありません。 こうした状況に慣れていない地方の人はストレスと感じてしまうのではないでしょうか? しかし、これも慣れてしまえば耐え難いことではありません。 転職で上京するデメリット2.友達がいなくて寂しい ときには自分の好きなことをしたり、仲の良い友人とともにどこかへ遊びに行ったりして気分転換をはかることも必要です。 しかし、地方から上京すれば回りは見ず知らずの他人ばかりで、どうしても親しい友人を作ることができないという人もいます。 こうした状況が続き、孤独を感じる人も多くいます。 また、自分の近くに誰も相談する相手がいないというのは寂しくなります。何とかして友人を作る努力が必要です。 転職で上京するデメリット3.入居費などが高い 地方と東京では物価が違いますから、生活費が高くなってしまうこともあります。 これはなかなか大きな問題になりますが、深刻なのは生活費だけではありません。 東京で働くにはやはり住む場所も必要ですから、アパートやマンションなどを借りることになりますが、問題なのは東京で暮らすとなると地方と比べて高くなってしまうことです。 当然のことですが、生活費にプラスしてこの賃料も必要になります。 ですので、上京前に賃料の安い地域を調べるなど事前準備が大事になってきます。 転職上京で失敗ためには上京支援サービスを使おう 地方から上京を行う際には上京を支援してくれるサービスを活用することをオススメします。 上京支援サービスの中には 東京での仕事を見つけてくれる 東京での新しい家を見つけてくれる といったサービスもあります。 今回はその中でもオススメのサービスを紹介します。 転職上京で失敗しないためにはキミノミライがオススメ 上京して仕事をしようとする人におすすめなのは、人材紹介事業を行う会社「キミノミライ」です。 東京にはこうした企業が多くあり、東京みらいクルーではそのチャンスがつかみやすいと言えるのです。 これまでの実績なども注目され、たくさんの地方出身者から好評を得ています。 IT企業だけではなく、看護師などの専門職や事務職にも強い会社です。 上京した際の転職と住居をサポート 当然のことですが、上京して仕事を始めるためには住む場所を見つけなければなりません。部屋を借りるとなればそこで必要になる賃料も払える額を稼がなければならなくなります。 賃貸物件を探すときに大切になることは、やはり収入から考えて適切な賃料であることが重要です。 東京みらいクルーでは最適な仕事を紹介すると同時に快適な住まい探しのサポートもしています。 東京の不動産に詳しいスタッフがその人に合わせて物件紹介を行っていますので安心です。 東京の事がわからなくて「転職と住居をぜひサポートしてほしい!」という場合はぜひコチラよりお問い合わせください。 転職で上京するメリット・デメリット3選まとめ これまで述べてきた上京転職のメリットとデメリットですが、これらを解決するためには上京支援サービスを利用すれば解決することが多いです。 東京の暮らしというものが分からない人にとってこの地で仕事をするためには、まず住む場所の確保と仕事を探すことではないでしょうか? 東京で住む場所を探すとなると、賃料がどうしても高くなってしまうこともあります。 これを解決するためにもキミノミライのサービスをぜひご検討ください。

上京に必要なもの

引っ越しが決まって、いよいよ上京して一人暮らしが始まる! 買わなければいけないものは色々あるけれど、なにから揃えればいいのか。そんな悩みをもつ人も多いと思います。そこで、今回は上京経験者の筆者が「入居してすぐに必要なもの」「一週間以内に必要なもの」をまとめてみました!

新人看護師だけどもう逃げたい!オススメな”逃げ道3つ”を教えます。

新人看護師から逃げたい理由は人それぞれ 多くの人に感謝される、素晴らしい仕事である看護師に憧れて夢を叶えたという人もいるでしょう。 しかし現実にはいろいろと大変なこともあり、看護師になったけれど逃げてしまいたい気持ちになる人は少なくありません。 長時間の労働や人間関係などに疲れてしまった 失敗ばかりしていて向いていない気がする など、辞めたい理由も人それぞれです。 自分はダメだと落ち込んでしまうかも知れませんが、同じように逃げたいと思っている人は多くいるものです。 今回はそんな看護師を辞めたいと思っている人に向けた”逃げ道”について紹介していきます。 参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください。 看護師は人員不足なのが現状 看護師は仕事量が多く、人員が足りていないと感じている職場も多いでしょう。 勤務している病院の人手が足りずに毎日のように残業があるという看護師の方も多いものです。 また現在は新型コロナウイルス感染症の感染者は19,522例、死亡者は977名と出てており、その影響で病院での仕事量がより一層増えています。 毎日忙しく残業ばかりで体を十分に休めることが出来ないという状況が続いていると、そのような職場から逃げたいと思うようになってもおかしくありません。 しかも求人を出していなかったり応募がなかったりするとなかなか人員不足も解消せず困ります。 新人看護師が逃げたいのは当たり前 新人の頃というのは看護師にとって最も逃げたい気持ちになってしまう時期です。 人手が不足している病院の場合にはは、特に新しく入ってきた人に丁寧に教える時間無いという場合が多いです。 それなのに足手まといのような扱いをされることもあります。 さらに新人にとっては勝手がわからない状態で、人命にかかわる仕事をしなくてはならないことにもプレッシャーを感じます。 このような状態では逃げたいと思っても当たり前ではないでしょうか。 看護師のうち12人に1人が新人で辞める 出典:日本看護師協会 日本看護師協会の資料によると、毎年5万人を超える人が資格を取得し看護師となっていますが、残念ながら辞める人も多く、12人に1人の割合で新人が辞めていっている現状があります。 せっかく頑張って資格を取得したとしても、かなり多くの人が逃げたいと思う職場だということがわかります。 「忙しすぎて心身を病んでしまいそう」 「仕事の重圧に耐えられない」 「人間関係に悩む」 などその理由は様々ですが、転職を考える人も多いほど大変な職場も多いという事です。 では、そんな看護師がどのようにすれば良いのかそのアドバイスについて紹介していきます。 看護師を逃げたい方の逃げ道1.プロに相談する 現在、看護師として働いている状況が辛い場合には、環境を変えるというのも1つの方法です。 転職先を自分で探すのも良いですが、転職に強いプロ(転職エージェント)に相談するという方法もあります。 仕事をしながらでも相談することができるエージェントに相談してみてはいかがでしょうか? せっかく苦労して取得した国家資格や、短期間であっても医療の現場で勤務したという経験を活かせるような、より自分に合った職場を見つけられる可能性があります。 20代の看護師ならキミノミライがオススメ キミノミライは地方からの上京や20代の転職を支援するサービスです。 地方によっては就職先の選択肢が少なく、思うような仕事に就けないというケースは少なくありません。 そのような時に役立つのがこの会社のような、地方で仕事を探すのではなく上京して仕事を見つけることができる転職エージェントです。 また上京時の住居についても紹介してくれます。 看護師の方向けに他業種の仕事を紹介することも可能ですし、今すぐに転職を希望している人はもちろんですが、転職を将来的に考えているという人にもおすすめです。 また、株式会社キミノミライでは 「会社との退職交渉をどうするのか」 「保険や年金の仕組みについて分からない。」 といった悩みについても相談に乗っています。 また、キャリアアドバイザーからのサポートが受けられるというのもメリットです。 下記より入力して頂き電話で相談することも可能ですのでぜひご検討ください。 無料で相談をしてみる 看護師を逃げたい方の逃げ道2.休んでみる 今すぐ転職をするとは決められないけれど、既に看護師を逃げたいほど気持ちの限界に来ている、という場合にはひとまず休みをとるというのも1つの方法です。 人員不足の現実を知っていると休みたいとは言いにくいという人もいるかも知れません。 しかしこのような状態で、自分の心身の健康を守ることができるのは自分だけです。 短い間でも良いのでとりあえず休みを取って体を休めてみると、今後どうしたら良いかの良い方法を思いつく可能性があります。 またもし今スグにでも辞めたいという場合は「看護師辞めてよかったこと3選|その後転職で成功するには?(2020年最新版)」の記事も合わせてお読みください。 看護師を逃げたい方の逃げ道3.志望した理由を思い返す 今の職場から逃げたい気持ちになってしまったときには、どうして看護師になりたいと思ったのかを思い出してみるのもおすすめです。 そうして原点を振り返ってみると、よくここまでやったと思えるのではないでしょうか? そしてもうちょっと続けてみようと思い直すことができるかも知れません。 別に逃げるわけではありませんね。どちらの選択肢も取ることができます。 看護師を逃げたい決断した場合は? どうして看護師になりたかったのかを思い出してみても、やはり逃げたいと思う人もいるでしょう。 辞める決断をした場合には、気持ちを切り替えて転職先を探すのがおすすめです。 「新人なのに大丈夫かな。」と思うこともあるかもしれませんが、できることなら20代前半のうちに転職された方が有利だと一般的には言われています。 辞める場合は転職先が決まってからの方が、辞めることを今の職場に伝えやすく、退職がスムーズです。 さらに無職になる不安もなくすむというメリットがあるので、在職中に探すのが良いでしょう。 新人の看護師でも転職は簡単 自分でハローワークや求人広告を見て転職先を探すのも良いですが、やはり転職エージェントを利用するのがオススメです。 新人の看護師であっても仕事をしながら簡単に転職をすることできる場合があります。 取得した資格を活かしながらも、今よりもより自分に合った職場を見つけることができる可能性があります。 何から始めたらいいか分からない場合には、こちらより無料で相談してみてください。 看護師以外の仕事の転職理由を知りたい場合は下記の記事も合わせてお読みください!

東京に住むメリット5つを端的に紹介!向いている人とそうでない人を解説

はじめに 東京に住むにはいくつかメリットがあります。 今回はその中からメリット5つを厳選して紹介します。 「東京に住みたいけれど、明確な理由がない。」という場合には非常に参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください。   東京には合う人と合わない人がいる まず最初にお伝えすると東京はすべての人に合う街ではないと考えております。 東京は首都ですので、 満員電車に沢山の人がいる 会社が多い分ブラックな企業も多い 夏は暑く、冬は寒い などのデメリットがあります。 しかし、それを上回るメリットがあることも事実です。それでは次の章で一つずつ紹介していきます。   東京に住むメリット5つを紹介 それでは今から東京に住む5つのメリットを紹介していきますので、しっかりと参考にしてください。   東京に住むメリット1.最先端の情報に出会える 東京に住むメリット1つ目は最先端の情報を得られるということです。 言うまでもなく、東京は日本の首都で様々な商品や飲食店が最初にリリースされます。 テレビ越しに見るのではなく、実際に見たりすることができるのはメリットと言えるかもしれませんね。   東京に住むメリット2.有名なお店がたくさんある 地方にはないお店なども東京にもありますので、有名なお店が東京に多いのはメリットと言えるでしょう。 東京はその分、人が多いので人気店は長蛇の列になることもよくあります。 しかし、並んででも行きたい場所が東京に多いということはメリットといえるでしょう。   東京に住むメリット3.新たな人と出会える 東京に住む3つ目のメリットは新たな人と会えることです。 東京には全国から集まっている沢山の人がいます。 様々な仕事の業種の人がおりますので、そういった方々と会えることは非常に価値あることだと思います。 また日本人だけでなく、外国人もおられます。 (現在はコロナの影響で少ないですが、、) 人との出会いを求める方にとっては最高の環境といえるでしょう。   東京に住むメリット4.電車でどこでも行ける 地方であればどこに行くのにも車が必要。ということもあるかもしれませんが、 東京であれば車が基本どこにでも通っているので、困ることはありません。 また都内から横浜に行く場合でも30分程度しかかかりません。 出典:ナビタイム 千葉や神奈川県にも数十分で数百円でいけることは東京に住む大きなメリットと言えるでしょう。 東京に住むメリット5.年収が高い 東京には会社が集まっていますので、年収の高い会社も多くあります。 例えばアルバイトだけでみても、 平成27年8月に公表した平成26年の年間集計結果 によると、関東エリアで最も時給が高かったのは、東京都の1,033円で、次に神奈川県の1,025円、埼玉県の950円と続きました。 最下位の群馬県の863円と東京都下を比べると、170円の差がありました。一方、関西エリアで最も時給が高かったのは、大阪府の970円で、次に兵庫県の918円、京都府の913円、と続きました。 出典:アイデム というデータがあるように仕事の内容が違うのはもちろん、時給の高い(収入の良い)仕事が東京には溢れています。 年収が高い仕事に就きたいのであれば、東京に上京されることをオススメします。   東京で転職したいなら? 東京で転職するならまず仕事(職)を見つけることからスタートしましょう。 「地方から東京に転職する際の注意点3つ|これだけは知っておいてください!」の記事でもお伝えしていますが、地方から東京に上京するには多くの時間と費用が必要となります。 より効率良く仕事を東京でするのにオススメのサービスを今回は紹介します。 20代ならキミノミライがおすすめ メリットがたくさんと言っても、地方から転職にくるのにはやっぱり心配もありますよね? そんな場合はキミノミライに転職活動に関するサポートをおまかせください。 株式会社キミノミライは地方から転職に来る方と、求人をしている企業をつなぐ会社です。 株式会社キミノミライはあなたに合った都内の優良企業を紹介しています。 転職活動をするにあたって必要となる色々なことを手助けしているので、東京での転職に不安を抱えているという方はぜひご検討ください。 地方から東京に転職する際のサポートが手厚い 具体的にキミノミライがどんな活動をしているかというと、東京で働きたいという方に向けてのセミナーを開催して企業の人事担当者と直接話が出来る機会をつくったり、コーディネーターと個別で面談をして転職の悩みを解決しています。 さらに仕事だけでなく、住まい探しに関しても最新の情報を教えてもらえるので、まさに東京へ地方から転職に来たいという方にはもってこいのサービスです。 少しでも興味がある場合はコチラよりお問い合わせください。 20代で人生に挑戦したいなら東京はオススメ 記事の前半でもお伝えしましたが、東京には人が多いです。 しかし、それ以上に魅力的な街なのが東京です。 最先端の情報に出会える 有名なお店がたくさんある 新たな人と出会える 電車でどこでも行ける 年収が高い などのメリットがあります。 もし東京に少しでも行きたいと考えている場合は20代のうちに挑戦しておきましょう!

1 2 3 7